FC2ブログ

2013
06/25

復旧工事の大規模進捗


石巻に先週末に出かけて来た。石巻市十三浜は道路の復旧工事も済み、漁港の復旧工事も終わっているかのように見える。しかし、北上川は大川小学校周辺の、河口・河川の水田・護岸部分は津波により、海・川に沈みその改修工事が、大規模に現在進む、その範囲も北上川の両岸に及んでいた。
十三浜の「釣鐘神社」は御神体も残ったと言うが、その周辺の住宅地は全て流され、今はその姿の影さえも見る事もできなく、今後もここには住宅の建設は難しい物と思う。川の津波対策への工事期間も途方もなく必要で、その安全性を確認して、この地区の人々は住宅建設への帆を進めるかも知れない。
その足で「上品の郷」の道の駅に立ち寄った。バイキングを楽しんでいると、バスツアーの方々が入ってきた、聞くところによると気仙沼市からの「石巻ハウスギャラリー見学」と言う。農協がこの企画をした。今後進む住宅建設の「住宅ローン」「建物共済保険」の加入がその目的にある。
昨夜帰ってから「住宅建設はどうなっているんだ」「騙されているんじゃないのか」と、口論となった。住宅建設は会社と両親の為と思い進めているが、被災地の住宅事情がある。建設会社が住宅建設の多発で、仕事が追い付けなく、住宅資材としての「コンクリート」が、予約順番性と聞いた。こうした理由から工事がなかなか始まっていないが、その訳と説明された。我が家も地鎮祭が先月の12日だったから、あれから1か月半が経とうとしている。愛知の住宅会社の選択は、地元で対処できない事が対応できるとの考えながらで、地元の会社の活用にあたり、こうした問題が今、発生している。
CIMG1022.jpg
辛坊さんの太平洋横断はヨット沈没により断念となった。これにより辛坊は「この国に生まれて良かった」「海上自衛隊の海上救助飛行機の最高水準を知った」と言う。昨夜のニュースで、原因はヨット搭載のカメラにより、親子のマッコウくじらとの衝突らしい、目の前を横切ろうとするくじらの背びれが見え、その後で「ドン」との衝撃を受ける映像があった。くじらに向かいヨットが進行しぶつかった。その可能性が高い。
全日本柔道連盟の今度は色々な不正な公金利用があり、上村会長の辞任が決定たが、10月と言う事に柔道関係者からも反発が起こっている。女性柔道家からの「セクハラ問題」の告発から、役員の全員解雇へ向かう中で女性役員の登用など、改革が進められている。個々の役員としての対場・精神の心の充実が必要と思う。今度は同じ熊本出身の山下氏が会長に就任となる。周りに感化される事なく「我が道」で、山下さんにはあの優しい気持ちで、全柔連の改革に当たって欲しい。
何事にも長く就任している事で、いろいろな「我欲」が生まれ、人間は欲には負けてしまう動物と言う事を、私も感じるが、新しい人が出てこないと改善とはならない。被災地にある南三陸町はこの現状の中にある。「東国原さん南三陸町に来てくれないかなー!」。こんな事を誰かが言っていた。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:21 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP