FC2ブログ

2013
05/12

戸倉への入り口の再生拠点は


昨日は同級生の母親の焼香に荒砥の全慶寺に行ってきた。荒砥漁港は嵩上げが終わり、海水は水揚げ場に上がる心配は無くなっていた。
おばあちゃんへの孫たちの送る言葉には、「この前おばあちゃんの夢を見たよ」で始まった。みんなでコーヒーを飲もうとしたら砂糖が無く困っていると、おばあちゃんが現れ砂糖を持ってきてくれた。砂糖を入れ皆んなで美味しいコーヒーを飲み、皆が喜んでいたよ。との弔辞の話に自然と目から涙が止まらなかった。
家族が三代揃う事の意義がここにあると私は思っている。子供の頃に私も祖母から色々な事を学んだ。両親では兄弟からは学べない、生活していく上での生き方・優しさ・自然の愛し方、そして日常の一年間の習慣を、当たり前のように教えてくれた。
現在は両親との3人暮らし、代々引き継がれてきた、家族の中の生活の営みは私で終わる。こうした子供たちへの「当たり前の生活」を、スポ少の団員に剣道を通して、礼儀・思いやり・習慣を、型にはまらず教えて行きたい。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:27 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP