FC2ブログ

2013
03/07

良い事・悪い話


昨日朝6時前に新聞配達のおばちゃん、「これ落ちてましたよ」とメガネを差し出す。火曜の議会開始があり、金曜の役場への用事の最後、事務所に帰りメガネが無い事に気づいた。そこから問題解決に動き、土曜日に電話でメガネ店で保存する処方のデータのままでの、メガネの依頼を今後の事も考え、二個を注文し日曜の12時30分までながら、1時間も私を待っていてくれ、一日目の滑り込みの質問に間に合った。自分の不注意ながら、現在は4個のメガネが手元にある。おばちゃんには何かお返ししないと!
歌津中消防クラブの事を昨日紹介した。受賞は学校と関係機関そして地域が一体となった活動があった。しかし、昨日関わっている親の事で驚くべき事実を知る。自分の立場は町民の公僕であり、共に協力をしていけるよう導く事が職務ながら、一つの私の疑問をぶつけたが、「あなたの考えは違う」と私は席をたった。総ての大人と親は子供の事を思い行動するのは当然ながら、そこには地域性・伝統・情・流れなどがあり、それを加味して全体を上手にまとめる、があり。これまでは先人たちの「和」を大切にした活動があった。それが目に見えぬ根回しと圧力を講じている事を感じる。私も今まできた問題を議論し解決してきた、多くの「対話」の必要性を思うが、無理のように思った。
「先生疲れないように」「先生大丈夫」が、私が今まで交流・活動を続けた親たちからの気持ちで、人は色々あるにしても、人を利用し人を排除し、「人の恩を感じない」、こくな人間は目の前から見ないようにしているが、それにより泣く人があり、その為なら戦おうと思う。私は汚い手は嫌いで、泥臭く今までも戦ってきた。
私の周りには今いろんな人がいて、生きて来た姿を正直に話す。昨夜も「おかしいでしょう」と初めて話す人に1時間聞いてもらった。自分は自分のようにしか生きれない。公務員の半分の人とは性格的に合わないかもしれない。今夜も気の合う仲間と、始まる「スポ少」の体力づくりに「ジム」に行きます。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:48 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP