FC2ブログ

2008
04/11

セレモニー

昨夜は新聞配達でお世話になった方のお願いに答えました。
 「おたがいさま!」という「あいだみつお」の言葉が人との付き合いには欠かせないと常々思っています。その気持ちへの恩返しの行動です。
 仕事を終え6時30分から創価学会「平和への大道展」気仙沼展に「招待状」をもらいオーフニングセレモニーに参加させてもらいました。我が町の方々の数人いて声を掛けられました。「よく来てくれました。」との言葉でした。多くの活動のパネルによる、世界平和への願いがいろいろな角度から紹介されていました。会員の方々のオープニングパーティーには鈴木市長・本吉副町長などが参加され、集まった方々も知らない人で、御馳走を前に早々の退室させてもらいました。
 「平和への大道展」は素晴らしい言葉が一杯紹介されていました。池田先生の子供たちへの言葉に「みんな翼をもっている!青春時代の苦労こそ宝です。悩み・苦しみながら良き友と励まし合い。勇敢に忍耐強く学び抜き。生きぬいて下さい!」と今のこども達に不足している部分だと思います。また松下幸之助先生は「やっぱり、若い時の苦労は買ってでもせな、あきませんなぁ」「人間も団体もあらゆるものは無限に成長できる!」。若い時の努力・忍耐・経験は成長してからの力となり、良い結果を生むと言っているのだろうと感じました。
 家にいるだけでは得られない経験、新しい人々との出会い、まさに昨夜の忙しい中での自分の行動もその一つで有ると考えています。まだまだ学ぶ事がいっぱいです!?
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:35 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP