FC2ブログ

2013
01/18

大変


大久保から林の信号の頂上向かう時、朝日が眩しく一瞬「真っ白」に目がくらむ。あわてて日よけの目隠しをする。もし、信号で車が止まっていたらと、「危険!」を感じた。
昨日は町民の方が会議で来町と言う事で、お手伝いをした。9時56分着と言う仙台からの「長距離バス」。途中から「30分」遅れです。と連絡が入る。停留所でバスを待つと、一人の方が一面の雪の中でバスを待つ、外は氷点下、気仙沼からのバスを待っているようだ。こうした被災地の環境の厳しさが毎日のように続き、多くの問題を抱え町民は生活している。
結局1時間遅れでバス付いた。矢継ぎ早に「困っている事はないですか」と車中で聞く、1年10か月が経ち、仙台の「みなし仮設」での生活だと言う。「みなし仮設」の今後が気になると話すが、この面は被災地の現状を見る限り、一年づつの延長を今後していくようになると思う。阪神大震災が2年が基本の仮設が、7年に延び、復興が終了したのに15年もかかった経緯からも、未曽有の今回の大震災、総ての面で期間の延長は間違いがない。
仮設商店街で早い昼食は「肉うどん」と、昔どおりの「京極」さんの味に舌鼓、南三陸町に帰りますと答えてくれた。
昨夜はまた始めた「トレーニングジム」の二回目に出かけた。来ている方はまばらだが、男女を含め若い方が多かった。この厳寒の中で体調の管理を図っていた。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:30 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP