FC2ブログ

2013
01/13

嬉しい葉書


私は「積水ハイム」で、俺は「コベル」で、「ウッドホーム」で「タノ」で「住友住宅」でと、家の形より価格重視で建設会社を決めているようだ。
こないだ平成の森仮設に行くと、ハァミマからの登り口に、「タマホーム」が住宅建設を進めていた。平屋ながら外壁・屋根と可愛いモダンな造りだった。私もこれくらいの大きさで良いと思っている。両親の高齢や事情だと早く建てたいが願いだ。
昨日、寒中見舞いの葉書が届く、被災し東京で暮らす同級生、「昨年入籍しました」との内容に驚いた。同級生三一会の事務局からメールの「この年で若い人ぶるまい」がこれだった。この大震災は個々の人生に色々な変化をもたらし、悪い事や良い事を毎日の中で聞く、「多くの生活の岐路」がここにあった。
昨日は「眠い一日」となった。朝6時半に「ヘルパーとデイサービスが来るから起きろ」と、土曜日でのんびりとは我が家はいかないようだ。戸倉の会社で眠り、走行中の睡魔で仮眠し、帰ってからも眠気がとれない一日を過ごした。何なのか、体の悲鳴と受け止め少し休みたい。今日も「剣道寒稽古」「成人式」の行事が控えている。
昨日の事件に世の中の異変を感じる。「不動産屋の家族3人の死」「お金がないと家族3人の死」があった。こんな事件が被災地で起こらない事を願う。
今の苦境の現世に生かされたのなら、今生かされている証をどんな形でも良いから残したいと考える。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:25 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP