FC2ブログ

2013
01/08

人生を変えた


被災地の人々ならず多くの方々の人生を変えた「東日本大震災」となった。
写真の八幡川の自動開閉遠隔操作水門の建設者か設計者かは定かではないが、テレビで写真の水門への関わりを伝えていた。この水門で南三陸町が守られると、被災前に子供達を連れてこの場所を訪れていた。
しかし、この現状況を再度家族で訪れ、この現実を思い、新たな決意をしていた。建設会社だと思うが、仕事を辞め防災体制の必要性と、現在の不備を全国の大学などて講演して歩き、新たな防災体制について話し議論し、被災地での仕事の人不足を訴え、防災に向けた人づくりの発掘をしていた。
レベル2だからしょうがない的な国・県・自治体の発想の中で、どうしたらこうした天災から人と財産を守る事ができるかを、若いこれからの人達へ、警鐘や対策を講じようと模索し訴えていた。同様の今までどおりの仕事から、想像以上の見えない物への挑戦をしていた。講演をとおし被災地への道を選んだ人もいると、報じていた。
こうした人材が我が町「南三陸町」にも多く来町し、町からも表れる事を期待したい。頑張っているだけではなく、結果をだせる自治体の陣容体制が求められる。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:53 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP