FC2ブログ

2012
12/25

サンタと恵


「メリークリスマース」と言って、サンタがトナカイが何人も店に入ってきた。祝日ながら出社してくれた従業員と、志津川仮設商店街の「はしもと」での事だった。
サンタの代表が店主に「プレゼント」を渡す。仮設の店舗での頑張りへのエール、サンタをしているのは岡山の支援の大学生と思う。一年も前になるが別の仮設の店で、泣きながら「南三陸町にずーと来ます」と言っていたのが、岡山県の大学生だった事を思いだした。
昨日は店に今の旬の味「真だらの白子」がメニューにあった。町内の再開した魚屋さんにも真だらが店頭に並んでいる。昨日の大雪の寒い夜は、「たら鍋」が恋しくなる。店のメニューにもあった。一人前「1500円」今度注文したい。その時はお酒も是非一緒に楽しみたい。
写真は一年六か月が過ぎようとする我が社の戸倉営業所です。友人をしてもらっている先輩の倉庫を半分借りての、被災からの再建であった。昨日は大雪の中で、朝5時ながら20分を要した。今日は道路の凍結も心配し、40~60Kのスピードで15分の道のりとなった。多い時には5往復もする。結構ガソリン代が大変だ。
そんな場所ながら、我が社には戸倉まで何人もの方が仮設など、今の住まいからおいでになってくれる。志津川市街地が全て無くなり、街中からその周囲に散っている今、人との交流が皆無と言っても過言ではない。集まるとなると「足」が問題になり、その機会を持つ事を仲間同士が意識し、互いに気を回し無理して皆が集まろうとはしない。これが被災地の人との繋がりを減少させている。
今日は日赤で「眼に注射」をする。夜は「町づくり協議会」が入谷公民館である。そしてまた、商工団地に帰る事となる。


スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:21 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP