FC2ブログ

2012
12/03

師走


「寒い寒い」と父親が夜中に私に話しかける。四時に起床し昨日のニュースを確認する。昨日は9時20分に荒町営業所から町内へ、その途中に「トンネル崩落事故」の報を聞く、10時前から受付が始まった。写真は私が感じた今年初の氷と雪の景色に寒さの訳を知った。
「後悔しないようにしたい」は、こんなにも別れが突然で、してあげられなかった事への反省の言葉だった。入谷地区においても就職したばかりの青年が亡くなった。したい事が沢山あった事と「若い死」に、深い悲しみの日となった。
高齢化の方向に加速する南三陸町、若者の流出と「町づくりの担い手」の早すぎる死に、町の将来を懸念する。
「できる事は今すぐする」「後でするは出来る事の先送り」「その強い気持ちが時間と共に薄れる」「嫌な事は先送り」など、こうした事は何の解決にもならない! この事を幾度となく体験し、私の今の行動がある。「今を時間を大切に!」であす。


CIMG4004.jpg
寒さ故にこんな風景に出会える。「け嵐」と「瓦礫焼却場」の二つの煙に旭が反射する。戸倉地区の小学校があった最終入り江に位置する場所からの写真です。
昨日はアリーナ交流ホールで「復興まちづくりフォーラム」が、公益財団法人「さわやか福祉財団」の主催で開催された。私も参加をずいぶん前から予定していたが、仲間の手伝いにこの日の一日となった。私の仲間も「おわかれ会」の閉会を待たず、フォーラムの役員として閉会挨拶にと駆けつけて行った。
葬儀の途中で同僚が「フォーラム行くの?」と電話をくれたが、彼も葬儀への出席だと言う。寒さに向かう中、亡くなる方が多い南三陸町の昨今です。
12月に入り、私ことの多忙であれ、会社の仕事が暇であれ、成るようにしかならず、懸命に南三陸町の復旧に取り組くで行きたい。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:34 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP