FC2ブログ

2012
09/09

8.7m


防波堤・バック堤の「8.7m」は新たな都市計画の防災対策として、決定済の案件ながら、志津川・歌津の風景や風土を守るためには、今回の計画には改善するべき事があると、まだまだ若者・漁民の中で議論と要望の声を聴く。
写真は戸倉海岸で先月に「起工式」があった。工事の始まりの祝辞に、海岸での潮干狩りの話が出てきた。ここはあさり放流場所であり、漁民は無料で獲れるが、一般の人は子供500円・大人1000円で楽しむ事ができた。しかし、こんな昔の被災前の「潮干狩り」ができるのか、また、ここでこうした営みが繰り返しできるのだろうかと、写真の海岸の状況やスーパー堤防のような防潮堤の設置で、親子が海の楽しみ遊びができるか、何年かかるのか、将来は見えてこない。「職住分離」を語るなら、津波防災面よりも生活の場確保により、住民がまた暮らせる集落づくりが最初のような気がする。戸倉海岸の背後地を整備しても誰も住まない、被災地の再建の大きな予算の使い場所として、南三陸町の人々がまた帰れる対策として、順番ははたして正しいのだろうかと、国県・町の政策に疑問を持つ、誰のための税金のつかいかただろうか。「国民の命」を守ると言うが、先人が築きあげた町の存続を考え、計画の見直しを含めた、町民との会話が必要と思う。「復興特需」は誰の? と。
今日は志津川市街地のボランティア活動風景の写真を使おうとおもったが、逆光で暗い光景となったので使わなかった。週末は150名を超える方が、泥まみれになりながらも、楽しんで被災地支援活動をしていた。気仙沼地区には「ボランティア支援」は余りなく少ないと言う。
南三陸町への支援は強い発信力の賜物と思う。御礼の自治体への後援会の講師の依頼にも、丁寧に答えている事があるのかなとも感じる。
電線の後ろの鉄塔の頂点が8.7mの位置となる。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 09:27 】

COMMENT

2012
09/09

「決定済み」の案件に異議ありです。いつ、誰が決めたのでしょうか?議会に諮られましたか?県土木部のホームページでは地域の意見を取り入れながら調整すると書いていました。これは、県の欺瞞でしょうか?大谷では審議調整中と聞いています。志津川では、町民間、議会で何の審議もしていないのでしょうか?こんなのを始める前に臨時議会でも立てて経過を発表するのが議会、及び各議員の町民に対する義務です。海の楽しみなんて出来るとは思えないし、漁業の影響も懸念されます。繰り返します。戸倉地区の(沖田、宇津野周辺)方々は納得しているのでしょうか?また、地域系の議員、及び町内全体の議員は何をやっているんですか?私には次元の低い景色にしか見えませんし、松原や管の浜の瓦礫とは違った意味で悲しい景色です。議会で徹底議論して町民にしっかり報告してください。それが議員の義務ですし、出来なればそんな議員いりませんし、定数減らしてもらいたいものです。

【 町民筋 |  編集 】

POST A COMMENT


















 TOP