FC2ブログ

2012
08/04

入谷地区


先月28・29日は志津川の「夏祭り復興市」が、仮設商店街の隣接する場所で開催され、多くの町外からの来場者で賑わった。花火も少し上げられたとも聞く。29日の午前中に入谷「ひころの里」で町のグランドゴルフ協会杯のゴルフの風景写真です。少し工夫して撮影してみました。
手前の花は「ねじり花」と友だちから聞いた事があり、その中央はグランドゴルフのプレーの姿で、最後尾には「でん」と松笠屋敷がある。真夏の入谷地区の緑が冴え、この日は暑くプレーは大変に見えた。この日も「ひころの里」「シルク館」に、カップルや家族連れが足を運んでいた。シルク館からは「織姫慕情」のメロディーが聞こえてくる。来場に石碑のセンサーが反応し音が流れるシステムと聞く。
海岸線が被災し海水浴シーズンの今、「サンオーレ袖浜」「長須賀海岸」はいまだに、海水浴場の復旧整備は進んでいない。しかし、この間は「歌津名足小学校」の生徒の、海岸清掃と地引網が行われ、海水浴場に子供たちの笑い声と笑顔が復活した。
昨日は志津川中学校に朝7時30分からの、全校ランニングの練習を見に行った、時間前には生徒が集まり、グランド一周と準備体操、そしてメニューをこなしていた。仮設住宅が三分の一をグランドが埋める中で、生徒たちはのびのびと真夏の中を力走していた。「熱中症」には、生徒・先生が気を配りペットボトルの準備をしていた。
その後で入谷小の新設となったプールを見に行った。25mの5レーンがあり、水深は9mで飛び込みもあるからだろう。浅いスペースも設けられ低学年用と思う。山間の小学校には子供たちのためにプールは欠かせない。震災の23年度初めにプールはできるはずだったが、今年度夏前の完成に子供たちも待ち遠しかったと思う。
現在「ロンドンオリンピック」で、水泳陣の健闘が輝いて見える。この姿に入谷小の子供たちも、今日もプールは盛況かな。
学校での写真撮影は「学校長の許可」がいる。ルール規則なのだろうが、ここにも「個人情報保護」の壁がある。自由主義国としての昔の日本の姿は今はなく、互いに知り合う近所付き合いの希薄さが、多くの問題を引き起こしているようにも感じる。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:35 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP