FC2ブログ

2012
06/01

南三陸町最高


昨日・昨夜と時間に追われる一日となりました。しなければいけない事の半分もできないでいる。日々に時間が後押している一日がまた終わった。
先々週から色々な事がありすぎ、記憶にとどめておくためブログに書いておく。6月20日日曜日は仙台で結婚式があり、村田の式場まで2往復、仙台で披露・宿泊し朝五時には会社に帰った。22日は仙台で印刷組合の総会があり、全国の組合員からの支援に対し、感謝の意を伝えたく懇親会に参加した。23日も仙台に人を送り、午後2時からの商工会の総会に参加し、会の活動と新体制への動きを見た。夕方から志中剣道部へ引き続きスポ少で、子供たちと剣道で汗を流した。24日にまた5時まで仙台へ行った。25日は臨時議会・総務委員会・広報委員会と3つの会議に参加し、時間が5時30分まで係った。その後仙台に向かい、7時に付き夜9時半に帰り、夜12時に帰宅し爆睡した。26日はホテル観洋で交流会があった。また仙台に向かう。27日は「復興市」で、特設舞台の踊りを写真に収め、午後には「う~みコンサート」を聞き、その彼女の歌に感動した。土曜に買い求めたCDを仙台の行き帰りに聞き、眠気を吹き飛ばし、心の癒しと元気を得る事ができた。さすがに日曜は月曜日の曜6時50分の出発にあたり、残務と準備をした。当日は3時に起床しブログを打ち更新をした。そして三日間の所管調査で雲仙普賢岳の被災地に向かった。30日に帰郷して5時に志中の剣道部へ行き指導、6時30分からのスポ少に臨んだ。
この間にも仕事とトラブル処理がある。倒れる事もなくこの10日間の、無謀な生活をこなしたが、充実感でいっぱいである。生きていられるから、出来る事でもある。この中での憎み合いは何の意味もない。この意味を先輩同僚から知り教えていただいた。
朝の志津川湾の旭と漁業の営みに感動した。古くから続く姿ながら、今日の光景が百年・二百年前の光景と同化して見えた、今日の気持ちは復興再建への新たな気持ちとなった。
う~みの「遠藤未希」のため作った歌がある。「あなたへ」、♪この澄み渡る秋晴れの空を あなたにあげましょう 人のため生きた あなたへ♪ メロディーに彼女の生き方に、癒しと元気をもらっている。あなたの町の顔として窓口の職務を超えた「笑顔を」今でも思い出す。剣道部の女子部の部長?として、一緒に剣道で汗を流した事も決して私は忘れないよ。♪この空白の今日の私を あなたにあげましょう わたしの最愛なる あなたへ♪
荒町の出身の「茨城の佐々木さん」ご苦労さまでした。南三陸のこの悲劇の風化をさせない活動に感謝。 
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:08 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP