FC2ブログ

2012
05/23

多忙中


今日は朝7時に仙台に向かった。出かける前にパトカーのサイレンが鳴った、またどこかで事故だろうかと思いつつ車で出かけた。
西戸のカーブから見通しの良い直線が荒町への途中にある。旧戸倉駅あたりから多くの赤色灯が見え、パトカー・救急車・消防車、大事故の予感がする。中間部分で軽トラとライトバンの正面衝突だった。常々思っているのは朝の車はスピード超過で、見通しが良いと直ぐに追い越しを掛ける。対向車とてスピードを出している事を忘れてはならない。被災地では安全運転で。
昨日帰りの車で驚く報道を聞いた。海岸線にあった「今野鉄工所」の方が、300Kも離れた茨城県の浜に流れつき、このほど「DNA」で今野さんと確認した。との報道だつた。今震災の瓦礫が太平洋を越え、アメリカ本土に流れつく事が、米国の議会で「対策を」と議論されている。すでに発見されても「DNA」の確認が難しく、今後も本人を確認するのに時間を要するという。
写真は神聖な「仏前結婚式」を写真で一枚撮らせてもらった。いとこたちも父親側は大部分が結婚となった。子供にも恵まれているが、南三陸町居住ではない。「少子化」の一端は町外に生活の場を求めいてる事が起因する。
南三陸町が被災地となり、若者がこの地で暮らせる環境がないことは、間違いなく人口の減少でしかない。しかし、一人、また一人と南三陸町に帰ってきている若者がいる。被災地の復興への支援だけでなく、この場所を永遠の住居として、永遠のパートナを見つけ、ここで暮らしてほしい、これが最大の町への支援です。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 13:27 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP