FC2ブログ

2012
05/01

さくら7


このさくらは一週間前の午後4時ごろで、陽が山影に隠れてはいるものの、蕾の紅色がきれいだったので、車を止め写真に収めました。
南三陸町志津川黒崎に位置し、志津川湾の入り江の絶壁に建ち、全国でも上位にある有名ホテルで、「南三陸ホテル観洋」と言えば知らない人はいないだろう。
ホテルの入り口に一本広く枝ぶりの桜で、今来客を迎えている。今日もホテル前の国道45号線を通り会社へ来たが、まだ花弁は散っていなく紅色からピンクと満開となっていた。津山のインターから仙台の下りだと、ホテル手前にに見えるが、仙台への登りだと見過ごしがちだが、気をつけ見て欲しい。ホテルの白壁に桜のピンクがよく似合う。
昨日は荒町の方の葬儀に参列した。孫の送る言葉では、出稼ぎのおじいちゃんと表現され、その優しさに包まれ成長した子供があった。優しさをおじいさんから学び、働き者で出稼ぎをやめても働く姿を常にみていたという。核家族化になり祖父母と話をしない子供たちの家庭が多くなってきている。今「子供と老人と共に会話」が叫ばれ、古い歴史・伝統を学ぶ、昔は当たり前の事であったが、今は環境を周囲が創らなといけない。
連休の合間の二日間、学校もカレンダーどおと言う。中総体が来月の9・10日と決まった。生徒の気持ちも大会モードなるよう、今週は大目に練習を見に行きたい。
昨夜私の剣道の恩師が京都から電話をくれた。「七段合格したから」と言う。志津川地区にも七段の剣豪が生まれた事になる。小山先生今後も宜しくご指導ください。凄い! 70歳まじかの震災にも負けない、やる気に脱帽です。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 09:16 】

COMMENT

2012
05/03

ありがとうございます

初めてコメントさせていただきます。
小山の甥の木下と申します。
実は震災以来、先生のブログは必ず読ませていただいています。
志津川は母方の祖父の出身地であり、毎年夏休みには20日間以上田尻畑の叔父をはじめ
親類の皆様、地元の皆様にお世話になり育ちました。
このブログのおかげで南三陸町の現状や問題点を東京にいながらにして
知ることができ、また個人的なことながら叔父の地元での活動も書いていただき
本当にありがとうございます。
7段合格を実家に立ち寄った際に聞き、叔父と電話で話すことができました。
あの津波で全てを失いながらも事業の再開、剣道、書道においての精進、
私と血がつながっていると思えないくらいのス―パーな叔父です。
これも先生をはじめ、皆様方のお力添えのおかげかと思います。
今後とも小山の叔父をよろしくお願い申し上げます。
先生も町のお仕事、事業またご両親のことなど日々お忙しい中を毎日のようなブログのアップ、
常人では出来ないことと思います。
しかし、マスメディア報道では出てこない様な真の南三陸町の現状、
問題点、政治的問題など鋭い視点で紹介しつづけていただきたいと思います。
存在していることに無上の価値があるこのブログを今後もとも楽しみに読ませていただきます。
ありがとうございました。

【 小山の甥 |  編集 】

POST A COMMENT


















 TOP