FC2ブログ

2012
04/18

仲間

120418_060454[1]
昨日はやっと志津川中学校の剣道部の指導をできた。春休み・新学期となり、剣道部が心配で4度出かけるも、剣道場には誰ひとりいない、行くのは勝手な事で、剣道が大好きの何物でもない。
今年度から戸倉中学校との併設となり、部活動も限られた場所での練習しかなく心配だった。道場から見える「ソフトテニス部」、コートではジヤージの違う生徒が練習を始めていた。戸中・志中とも意外と強い学校、切磋琢磨してこの現実の環境を良い方向に向けて欲しい。
さて志中剣道部、2・3年は男子各1人づつで、女子は2年が7人と、学年ごとを考えると、苦しいチーム形成を余儀なくされている。一年生の見学をみると男子が10人来ていた。「戸倉剣道スボ少」から3人が来ていたが、新入生が少なく各部への配分を学校は考える。スポーツを通しての仲間づくりもまた学校生活では欠かせない。未だに中学時代との仲間とは、会うと当時に帰れる。
今日の夜7時にはスポ少結団式がある。我が団は現在1人だが活動は続ける。将来の県でのトップクラスの剣士を育成できる。マンツーマンでの指導で団員がついてきてくれれば、可能性はある。
写真は志津川地区の「花見の名所」の東山公園、津波の避難場所でもあり今回も多くの住民が助かった。しかし、この場所の前の農協跡地には多くの被災車が未だに山積みされている。東山はボランティアにより片付けられ、桜の苗木が上り坂に列となり植えられていた。今日が「西宮神社」の春の大祭とも聞いたが? まだ桜は開花とはなっていない。兵庫県西宮市からも多くの自治体支援者が来町し、買い物支援にも大型バスで沢山来ている。
人の縁は日本国民は「なかま」なのかも知れない。中学生の剣道の本気での練習、それは相手が頑張り強いと認識した時に「本気」で向かう。今は一人だがまだまだだった。55歳の体に鞭打ち生徒の成長を願う。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 11:58 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP