FC2ブログ

2012
04/06

交通安全

120406_072630[1]
朝から子供達の元気をもらった。戸倉荒町の会社前の道路に、おじいちゃんと孫二人が、行交う車に交通安全のプラカードを掲げ「交通安全」を呼びかけていた。
今日6日から始まった「春の交通安全運動」、来週初めには小中高の学校の「入学式」を迎え、新学期がスタートする。朝7時から40分間、まだ寒い初春に地域が交代で、立ちプラカードでの呼びかけ、一週間続くと思う。
パトロールの警察官の方が車から子供たちに「ありがとう」と声を掛ける。こうした家庭の交通安全意識の取り組みは、見ているほうも「安全運転」を大いに意識する。被災地「南三陸町」のほのぼのした、朝の一コマを見て、この子供達のためにも「大人は頑張らないと!」と気持ちを新たにした。
今日は気仙沼に行く、道すがら町の動きを望める。3日前の歌津地区を通ったおり、平成の森下にできた「ラーメン店」、仮設での看板表示は、この被災地の環境での建設は、頑丈には無理でこん回の「爆弾低気圧」により、看板は無残にも破壊されその修復の作業をしていた。この店は町外のかたの出店で、被災地に多くの可能性を感じた方が、歌津地区に需要があると感じ「ラーメン店」を出したのだろうか。「ピンチをチャンスに」と思う。この被災地の町の再建には、こうした「やる気!」の必要性を大いに思う。
寒さ対策の仮設への畳の設置が終わったと連絡が来た。畳店も町の全店が被災し、その中での町の業務を期間内に無事に終えた。資金は「回転操業」、なけなしの積み立てを崩し材料代にあてた。昨年度の補助事業の助成も5月の支給になるという。国・県・町の支払いは多くの書類の元に、補助助成が行使される。できるだけ被災者支援との観点から、早期の支出をお願いしたい。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:19 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP