FC2ブログ

2012
01/27

ぼた雪

120125_132159[1]
今週は厳寒となりそうだ。例年より4℃も低く「真冬日」とあり、路面の凍結が明日朝心配だ。昨夜の登米市からの帰り、大雪の中を11時頃帰宅した。明日は積雪だなーと思ったが、朝起きると帰った時がピークだったと判った。
道路沿いの温度計は「-2℃」と表示、明日朝の道路凍結が心配で、車での雪の日の運転は控えている。だが、現在の仕事の用事や会社への通勤に車運転は被災地では不可欠で、被災前のように自宅と会社が一緒というのは、今となっては昔の話である。
昨日はっきりしたことは、米谷経由の登米市へは、「水境峠」付近の雪は平地とはまるで違う事を知った。圧雪や道路の黒く光るのは「凍結!」と、のろのろ運転が続く。帰りの代行は「横山経由」を指定した。高速の最終点が米谷という事が、南三陸町の冬道の事故を懸念せずにはいられない。
今朝は8時20分に出勤となり、アリーナ入り口からの渋滞は天王前セブン以上続く光景を初めてみた。光ケーブルの埋設と、元の仙台銀行の信号の渋滞もあり、今現地は最低限の信号が役割を果たし、被災地では贅沢は言えない。
ホテル観洋からの志津川市街地の最近の雪風景は、海と地形と街と雪の自然美は素晴らしく綺麗だ。また、夜の市街地は「真っ暗闇」で、現在写真のような太陽エネルギーの、街路灯が被災地を点々と照らし出す。青空に突き立つその姿は市街地の復旧の象徴にも目に映る。明日気仙沼の最低気温は「-9℃」の真冬日という。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 16:04 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP