FC2ブログ

2012
01/22

歳費

120122_071221[1]
今日の南三陸町は昨夜からの雪により山々は「雪景色」となり、自然の景観美が町全体に見られる。写真は私の暮らす倉庫で、玄関のサッシを開けた時の姿がこれです。今年初めての多くの雪景色に、車の運転が大変と思った。しかし、今日は雨と暖かい気温により、この雪景色はあと2時間ぐらいで、消えて無くなる、そして明日のマイナス2度の朝の通勤が気になる。
月曜日はフランスメディアの案内に一日を費やす。今日来町し明日朝から活動となる。歌津の泊崎荘での2泊を予定している。なんで歌津の端かというと「宿泊費用」で、ホテルは高いとのことだが、報道会社事情を思う。朝は歌津駅前で待ち合わせ、吉野沢の畠山さんと阿部さんに寄り、次に公立病院の事務長さんと取材時間の打ち合わせで会い、午後1時に阿部歯科医院長に会い、小坂調剤さんに会う。その後で佐沼の「笹原診療科」さんに取材する。帰ってから佐藤徹内科医院長の5時からのアポを取っている。これが週明けの予定です。二日間の予定でしたが、火曜日は仙台の議員講座が急に入り、2日目の随行は知人の息子さんにお願いした。
被災後4月にフランスから南三陸町で被災地の医療を取材で来町、志津川小学校の緊急仮診療所で、アムダの大類先生の執刀で背中のケガのばい菌の除去手術がキッカケの、フランスのメディアです。志小での診療所の代表が笹原先生だった。今は登米市で開業し南三陸町の南方仮設の、町民の方々の病院として、陰ながら支援をしている。
新たなまちづくりの医療体制も着々と進み、個人医療機関が復旧し、61億を掛けてて公立病院も25年着工で、26年から27年の開設を目指している。その前に人口が大量減少とはならないといいし、高齢化社会になりお年寄りしかいない、住まない町にならない事を願いたい。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 11:49 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP