FC2ブログ

2012
01/02

山門

111231_100637[1]
年末に私の菩提寺「大雄寺」に行った。今回の津波は1Kも離れた奥のここも、8m近くの大波となり押し寄せた。本堂の石段の最上段に達し、門前の杉並木は深く水没した。
樹齢は400年になるという。歴史と伝統があり、町の有形文化財だった気がする。その山門が津波の「塩害」で写真のような風景になった。山門の杉並みに留まらず寺を守る囲む杉までもが、塩害で枯れ危険と言う事で伐採となった。様相が一変した姿に寂しさが募る。
私が知らない場所で南三陸町の大切な文化財もが被害を受けている。町の復旧も瓦礫からこうした文化財にも調査が始まっていると聞いた。
ボランティアさんの現地での活動の支援もしている。瓦礫の撤去だけでなく、自分のもっている技術・資格を、子供たちへの教育支援・心のケア支援をしたいという。しかし、現地の子供たちは津波の環境崩壊により、通年より教育・授業がおくれている。そのため今学校は受け入れの余裕がないと聞いた。
3月11日の発生から5月ごろに学期がはじまり、その遅れは中学生の高校受験に影響され、24年になり私立高校などの受験が直ぐに始まり、3月初めに地元の志津川高校が受験日となる。
今日は原稿を仮説で書く、戸倉の会社へは設立以来初めて行かない事になるかもしれない。今年はやはりいつもとは違う正月となった。仲間との寄合も勿論「飲み会」はない。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:31 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP