FC2ブログ

2011
12/08

癒し2

111005_161536[1]
もう一匹が現在お世話になっている、工場用地の大家さんの家の愛犬「ポン太」、私は犬も猫も大好きというわけではない。震災後まもなく現在仕事をしている戸倉荒町、ここの牛舎の廃舎に工場を作ってくれたのも、大家の佐々木さんです。ポン太は番犬であり、猫たちは農機器の倉庫に暮らし、佐々木さんが餌を与え、倉庫の住人でもある。私は震災後は家も工場も何もなくなり、生活再建の中で何も怖いものはなかった。そして写真のような秋田犬としての凛とした「ポン太」の、強さと優しさに癒されている。
昨日私の知人も震災後の支援に来た岐阜県の方から招待を受け、明日ごろに当地に向かい現在の南三陸町の現状を伝えに行く。また多大な支援に感謝の言葉を、町民を代表して話に行く事となる。
資料として先頃仙台の高校での講話で私が使用した物も貸した。現在の死亡・不明も知りたいとの事で、町の危機管理室に問い合わせると、12月5日現在、警察署発表では死者565人不明310人、住民基本台帳では死者496名不明302人と言う。最近DNAでの判定が出て葬儀をする方が多かった気がするが、この数字にも表れている。警察署の数字には県外からの人が南三陸町で死亡不明の数が入っている。
また、商工会の会員の今後の動向調査も今行われている。会員の減少は防ぐ事はできなく、商工会のあり方存在すら今後の課題・問題である。やはり早期の住民の、仮設からの移転・生活環境の整備が求められる。商業は住民があっての生業と言える。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:17 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP