FC2ブログ

2011
11/08

さおり、サンキュー

111107_1032~02[1]
アドレスを登録していなかった、ごめん。剣道の教え子からの「シャメ」添付のメール、彼女しかしないと直感した。写真は「東京新聞」の記事だった「心の支える夫婦愛」と大きく写真が掲載され、私としては複雑で恥ずかしい。「高齢の両親を仮説に入れないで倉庫に」と、しかしながら、両親はここがいいと言う。
今、我が家には多くの新聞記者やテレビ局が取材に入っている。高齢者が二人寄り添う生活する状況が、メディア受けしている。私はこう思うが両親は張り切り取材に答え、これが生きる力に間違いなくなっている。誰かと話せる、人が出入りする、3人の家族の話題ともなる。我が家は親の努力もあるが、被災しながらも幸せな家庭です。
今日は五時前に戸倉事務所にきたが、空には満天の星が輝いて綺麗だった。昨日のニュースで「銀サケ発祥の地」として、南三陸町志津川と放送されていた。現在は女川町に全国一位の座は奪われたが、二つの銀ザケの町は今回の津波で壊滅的な被害となったものの、銀サケの稚魚の海水への放流が始まった。来年の4月から6月には出荷となるという。女川は港の嵩上げを終えているが、南三陸町はまだだが、近々に工事が行える予算が通っている。岩手から2万尾の稚魚が水産業のもう一つのスタートとなり、漁民は「早く美味しい銀サケを食卓にと」話す。
日本の全国に誇る基幹産業の自動車会社の6社社長が、今の円高・タイの洪水での自動車産業の崩壊を訴え、自動車取得税・重量税の軽減減税を求めている。300万円クラスで14万の取得税・7万の重量税がかかり、エコ減税でも合わせて10万円の税金が係り、総額で9100億円にもなり、車92万台分に相当する。エコ減税も来年3月4月で終わる。
こんな中で「会計検査庁」で国の無駄使いを「4283億」と指摘する。ギリシャのように日本はならないかを懸念するが、国民が本気で政治に向かわないと大変な時代がくる。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:23 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP