FC2ブログ

2011
10/08

怒り

111007_154607[1]
昨日は荒砥地区に出かけたが、先月の台風15号により、袖浜の荒沢神社から民宿に向かう道路が崖崩れとなり、未だに通行止めとなつていた。津波復旧工事に建設会社がすべてあたり、建設会社が工事を請け負えない事や、現場を見ると緊急復旧は難しいこの場所の崖崩れと感じた。更なる災害が発生しない事を祈りたい。
町職員であった娘を亡くした父親にあった。厳しい言葉を聞く、「町長が焼香に来たが断った」「あの町長では町は復興できないし遅れる」「もっと厳しく追及しろ」など、強く厳しい言葉が発せられた。行政の防災マニアルはあるものの、その時々の判断は、トップにある。町民も職員も「自分の命は自分が守る」はあるが、その後押しと適切な判断は、情報を最初に知りえる、行政だと思うがどうだろう。
常々子供たちには「自分の事は自分で」というが、自己責任での発言も必要で、人の意見も聞ける、耳を傾ける行政が今後求められる。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:1 | TB:× | 09:52 】

COMMENT

2011
10/09

祈ってどうなるんですか?

ただ、あなたは町長がお嫌いなんですよね。それだけしか文面からは読み取れませんでした。
そんな感情論で町をどうするつもりなんでしょう。
危険な場所を見てきて、さらなる被害がでないよう祈るしかないと?祈って何が解決するんですか。
その発言にこそ私を怒りを感じます。そこでけが人が出たら、あなたはもちろん責任をとるのでしょう?

間違っていたら申し訳ありませんが、あなたは町議の方ですよね。
町会議員のお仕事って、町長や行政を批判すること以外にないのですか?
町が手をとりあって復興に進むことをずっとずっと願っていました。それなのに批判ばかりでうんざりです。
感情的になってしまい申し訳ありませんが、町の事、町民の事、本気で考えていただきたいと心から思います。

【 南三陸町出身者 |  編集 】

POST A COMMENT


















 TOP