FC2ブログ

2011
09/22

台風被害

110922_073151[1]
通勤は国道45号が病院前と駅からの水尻橋まで、防災センターの前が通行止めとなった。駅前からが通行止めの指示がないため通行したら、途中50㎝の浸水、トラックが動けなかったようで、放置された中を、勢いのまま通行したら、水尻橋前にはポールが建てられてあった。もう少し適切な判断指示をお願いしたい。
う回路はデイサービス志津川の下から、高校下を通り水尻橋に抜ける道を使っていた。
台風15号の被害は、道路の冠水と袖浜の荒沢神社付近と平磯の崖崩れが昨夜まででした。写真は西戸地区の仮設「切曾木」への国道からの道路は寸断となり、水道の管も切断となつていた。仮設でやっと落ち着いたとおもったら、また水道菅の断裂、飲料水は大丈夫なのだろうか心配だ。この仮設ならず、各地域の小さく山への仮設建設の選択を不安視していたが、現実となりこれ以上の被害とならない事を願いたい。大雨による仮設への被害が、テレビで放送されたが、大きな被害はまだ確認していない。
荒町の町道並石線も今回の台風で、収穫前の稲が砂利や泥水で覆われたと聞く、また、西戸の酪農者は牛乳の搬出が道路の寸断により、捨てるしかないとも聞く。これ以上被害のない事を願うしかない。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:10 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP