FC2ブログ

2011
09/10

忘れまい


11日の翌朝、「引き波」のすさまじさが最近問題になっている。とにかく津波の脅威もさるものながら、引き波の勢いに家も人も、昨今の映像から一たまりもないことを確認する。
写真の中央部にある八幡川から、初めに津波が船・家屋を巻き込みデイサービス下まで来たと思ったら、向こうの山肌に沿い津波が来た。すべてが一緒になり、奥へと進んだ、間もなく行き場を失った津波が、こっちの建物を右奥の崖から手前をなめるように戻ってきた、そして津波がおさまったと思った時に、津波は1波、2波が最大ながら、戸倉地区は4波5波と2mクラスの津波で、恐怖感の中にいた。
いくつもの津波が、これでもかというように南三陸町に襲来し、この雪は町の姿に涙雨が余り現実に白く化してしまっようだ。明日の「慰霊祭」には町民が一人ひとりの、津波への恨み悲しみをもって、アリーナに集まる。何も問題なく鎮魂の一日となる事を祈る。
午後の2時46分の地震と、南三陸町の26分後の時間の前後に押し寄せた津波を、再度思い起こす6が月目を迎える。撤去復興・復旧への向かうが、心の傷は癒える事がなく、それに塩を擦り込む行為が、繰り替えさない事を願います。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 19:51 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP