FC2ブログ

2011
05/29

鮭孵化場

2011-05-29 17.38.38
志津川の孵化施設の写真です。八幡川の上流の小森、熊田橋のたもとに採卵し受精させた卵を稚魚まで、育て放流し秋に回帰する『秋鮭』が、南三陸の志津川・歌津の、水揚げの売上の漁協の多くを占めている。
この跡形もない孵化場の姿に、回帰の四年後の影響を心配せずにはいられない!津波による南三陸町の全ての河川への大変化は、間違いなく四年後の減産を予想する。
稚魚の生産は北海道がずば抜けて多く、次に岩手、宮城が続く、南三陸町の稚魚は一匹もいないだろう!
写真の小森地区は市街地の建物が瓦礫となり、最終到達地点であり、未だに瓦礫の山が田んぼの中に、小高い山となり散在している、この場所は『三陸道』のインターとなる場所で、山からの木材の切り出しが進んでいた。
未来への輝かしい構想は、10年は足踏みとなる?町の宝である子供たちに、新しい町つくりを託すしかない!
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 18:48 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP