FC2ブログ

2011
04/11

戸倉地区

110326_144953.jpg

志津川地区の水尻橋の流出で戸倉地区への45号線は絶たれたなか、自衛隊の橋の復旧作業により九日目に橋がかかったと報道された。なんとか自転車で折立までは行ったものの、今度は半島まで続く戸倉地区の海岸の漁村までは、折立川が直撃を入江という事もあり川向地区は跡形もなく、入口の『焼肉奈美』は裏山ごと無くなり山肌を剥き出しにしていた!
水戸辺は高台の一部を残し県道の小高い道を越え、奥まで家を巻き込み残骸か一部に瓦礫となり集まった!次の水戸川に栄えた在郷、上沢前地区のなだらかな田園は奥底まで津波が突き進み、地区の慈眼寺は道路から見る影もなく、まさかここまでと多くの方の命を奪った!次は波伝谷地区、ここも漁協の戸倉出張所のコンクリートの建物を残し全てが流出し、多くの地区民が他の市に集団避難した。次の津の宮は少し高い場所にあった建物が残ったが半分が被害を受け大被害となった。
長清水も海辺の家は津波の直撃で半分以上が被害を受けた。次の藤浜は壊滅的で海岸からあった集落が全て津波の被害を受けたと言っても決して過言ではない!最後の滝浜には交通規制があり入る事は出来なかっが、海岸の港は全て被害を受けた!戸倉地区は小中学校か被害にあい地域の復興は厳しく集団避難の対象区となっているが、多くの家族の不明もあり、すぐに疎開とはいかない。
私が指導する戸倉剣道スボーツ少年団の子供たちの無事の確認の中で、町民の方より、団の管理書類バックが見つかりましたと報告があった。季節に等しい発見だった!
昨日は糖尿病の検査と薬をもらった。海外からの医療ボランティアの献身さと、国内の医師の温かい診察と笑顔に心が癒された。行政の職員のピリピリさが現状の厳しさを物語っていた!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 03:02 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP