FC2ブログ

2011
04/08

頑張れアクセスに感謝

110318_143624.jpg

創業百年をまじかとなっていた千葉総合印刷株式会社だった。私で三代目となる会社は中工場の一階を残し、本宅・工場を全て流され、幸運が中工場の大型機4台は残ったが、遺体捜索のため全てを工場から機械がかきだされていた!二重のショックだがしょうがない。昨日突然に高校の同級生から電話が入った。奥様の兄が津波で被災被災となり、見つかり火葬だった。と言う。常磐さんで町の中心に古くから旅館・中華の店が跡形もなく消失した!友人の言葉に『また南三陸町を復興してくれ!』だった。現在は死亡不明が七千人を越え、集団避難が千人となり、町には八千人となり、二次三次の集団避難となり今後の避難て三分の一の17500人のから減少となり、帰らない人を考えると、南三陸町がなくならないか心配である。行政のふるさと納税をしてくれた町出身者の南三陸町志津川・歌津が無くならないように!を思い出す。漁民は南三陸町の海が自分達が生きて行く場所とこの地での存続生活を強く語る。今日の午後1時に架設での議会議員が初めて集まり、午後の行政のライフ
ラインの方向と設置の予想時期が語られる。
震災後の行政の行動には疑問があるが未曾有の人間が体験しない大震災に南三陸町の被災地区として町独自の復興の姿を模索して行きたい!
私は町復興のためにこの地を離れる事は絶対なく!この南三陸町の自然と人間の素晴らしさを後世に伝えて行きたい、多くの支援への感謝は復興でしかない。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 01:24 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP