FC2ブログ

2011
02/15

道すがら


昨日は余りのハードな行動に夜は知らず知らず何も考えず就寝となった。心地よい疲れと充実感の中での一日、疲れより満足感が心と身体にあった。「我が町」を中心に気仙沼~仙台~本吉と、高速道があってこそ成せる技と実感する。

 今朝、日曜日に取っていた政治討論会を見て、討論とならない政治家の発言に、イライラが募った。「減税日本」を唱い民主化への改革を名古屋市からと言う河村市長の議論だった。討論相手は民主・自民・解説者で、相手が話すと途中でも、「話しの腰を折る」自分の論調をまくし立てる。議論は相手の話を聞いてからがルールで、河村市長の討論に「人の話を聞け!」「政治家らしく!」、市民・市民の為にというが、心地よい物が感じられない、テレビからの私の勉強会、私だけでない違和感を多くの国民が思っただろう。
 河村氏の「歯に物着せぬ」といった発言は、国民の代弁者として良いとは思うが、本当に「減税」「報酬削減」だけで、市民のプラスになるのか? 今回の市議会解散への「リコール」の先頭に立ち、40人の市議を立てるという。市長独裁にと!結果がどうあれ、市長と議会との「議会制民主主義」の2つの機関の議論で、回り道の無い・間違いのない市政をして欲しい。国が政府がこんなにブレまくっている現代、政争の中にあるが、地方からの発信を見つめて行きたい。河村さんの弁が立つのは解るが、相手の話を聞いてから! 河村名古屋市長・橋下府知事の、活躍に期待する一人には間違いないです。ガンバレ!民意の代弁者として。

 写真は9時ごろの気仙沼市大谷海岸、リアスの風景に酔いながら、「我が地域」の自然美の素晴らしさ感じてのドライブでした。岩見沢市で855人の給食による食中毒、新潟での16歳の男女の「無理心中」など、関係機関の「危機管理」が低下している!発生防止に周囲の監視の必要性を思い、未然に防げぐ事は出来る。普段の仕事・生活の「慣れ」が多少の発生の元にある気がする。
 日本の「国民総生産」が中国に抜かれた! 人口数で日本に勝ち目はなく、今までの2位は先人たちの努力の何物でもない。ドイツを抜き2位となったのは43年前で、エコカー減税・タバコ値上げにより「0.3%」のダウンがあり、中国は5000億ドルの増加だという。現在時点では大差無いが、日本の生産落ち込みはまだ続き、中国の発展はまだ途上で、未知の可能性を秘めている。社会主義国で国の自由化政策をあるが、国主導の国民への縛りの中にある。日本が心配な生活保障という目前の問題も、中国独自の社会主義なりの解決策がある気がする。発展から20年すると高齢化となった中国の政策を見たい。

 ムバラクの独裁政権から民主化に、政府の報道も統制から自由となった。スイスに5兆の私産を裏金?としてあるという。エジプトの人口は30年前の倍になり、20代~40代が半数になると言う。前までは幼児期の死亡率が高い情勢下にあった。アフリカの各国が抱える問題の解決を前大統領は独裁者でありながら改善した。鳩山さんの又してもの失言「抑止力は方便」という。メディアの質問で、報道陣の目線で話したという。前総理の「国家決議案」を方便? 「嘘も方便」の方便、有り得ない「おぼっちゃま発言」、反し「小沢氏」はめったに失言はしない。千石氏の河村体制を「ヒットラー」と比喩し、市民の選んだ市長への類似の人間はない。

 私は南三陸の「インターネット発信」の中に今があるが、「インターネットコミュニティー」となりたい。行政の対面しない「ネット」での形態は「心」の部分に、伝わらない事が怖い! 「無競争」の無い地元からの若い議員が、県議出現となる事を希望する。

 
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:41 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP