FC2ブログ

2010
12/29

季節感


そう言えば今年は「クリスマスケーキ」を食べてない! 28日のご用納めに合わせ諸々の所用があったためである。昨日で会社の営業も、自分の仕事以外は総て終了となった。
 御苦労さんの会食は「常盤」さんで行った、理由は従業員の「中華を食べたい!」だった。「我が町」唯一の中華料理店で、エビチリ・八宝菜・あんかけ焼そば・春巻きと、定番に従業員は満足げだった気がする。また、いつものクセの「説教」に社員は無口に聞き入る。雇用側の従業員への気持ちを伝え、従業員からの声も聞きたかったが、まだ1年半・3ヵ月と、仕事の内容の何たるか?も知らない彼女たちには「無理」だろう。しかし、声を発する事は絶対に必要と念を押した。帰り際に「常盤さん頑張って!」と「我が町」唯一の中華店の存続を訴えた。
 「今までの人生で面白い事があったら」と、若い順に18歳の新人からの話しをしてもらった。人前で自分を話し人の話に耳を傾ける事の大切さを知って貰いたい。聞き入り質問するとそれがまた面白い、従業員の一面を知る事ができた。

 3ヵ月ぶりでブログへの「コメント」を一揆に見た。読み返しを一回はしているが、まだ誤字脱字が多いとの指摘が「ちら!」っと、「誰かが見ている我が行動」にチクリ!、間違いへの指摘は謙虚に受け止めている。また、従業員の服装を「コンパニオン?」と言うコメントがあった。自分の高校を上がった姪っ子の身なり服装にも、父は「こんな格好はダメだ!」と説教、孫たちに厳しく話す。仙台の嫁は「今の子供たちはこんなものですよ!」と言う。私も父親派ながら、入社時から比べれば改善されたが、時々ダメだし説教をする。昨夜もこの事について話題とした。会社はどういわれてもいい、しかし、こんな風に大人は見る。これが今後係わる人だとしたら、「何だその格好ヌ」と言われる。これはみんなの「自己責任」であるから、と告げた。私は若者はだらだらした格好よりは、「ファッションセンス」に飛んでる方がイイと考えている。こんな若者が「我が町」に多くいますか?こうした若い多感な「ファッション」は、町を明るくすると考えてはどうでしょう。また、若い子(女性)が今のフッションブックから飛び出た姿に、町の疲弊・衰退の暗さを打ち消す効果?は無いでしょうか。仕事はしっかりできます、広い視野で見て下さい。私も初めは驚きました!

 私の「ブログ」は監視されています。現在毎日60前後のアクセスがあり、「頑張って下さい!」「町を改善して」や、批判・指摘もあります。土・日・祝日には40前後と減ります。これを自分なりに分析するに、行政職員の仕事場でのパソコンアクセスや、同業者は「いつも見ています!」と言う。会社や今の自分の本心を書く事で、今後の会社経営の今を振り返り「仲間」から助言をもらう、これが果たして自分の為に、会社の為になっているのか? と疑問に思う。ぜひ一緒考えて欲しいが願いで、ぜひ連絡を下さい話しましょう! 町の今後を真剣に考える仲間募集中です。 あなたの顔が見たい!

 コメントに東北の230の地方自治体の、公務員の参考の報酬を書き込んでくれた人があった。「我が町」は168番目で44.9歳で603万となっていた。一位は山形県舟形町の44.5歳で753万だった。宮城の一位は46位の名取り市で43.2歳で669万、最下位が230位と最後に山元町の40.2歳544万円だった。気仙沼市の報酬に問題?と三陸新報がトップ記事で上げた。係長級の報酬が係長で無い職員に支給されている。だった。本吉との合併での職員増となり、年高序列的な「報酬」がある。合併による経費の削減はされているものの、人件費の削減とはなっていない、公務員の保守ばかりで、公務員削減改革の政策の考えが首長からは見えてこない!「我が町」とて同様だ、自治体破綻も心配する大きな問題が、「公務員報酬」にある。国家・地方公務員の報酬2割カットで6兆円が捻出されると、改革派の政党が言っていた。民主党の身内のゴタゴタばかりで、小沢離党勧告と菅内閣の解散で、民主党は立ち直り生き残れる気がする。

 あと、2日で今年も終わる。2010年のやり残した事は無いですか? 来年の私の目標は、町の空き店舗の活用に取り組みたい。昨日信頼約束を締結!した。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:26 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP