FC2ブログ

2010
10/20

食欲の秋


今は食べる事が一番の楽しみとなっている! サンマも刺身・焼き、銀鮭と思うが「塩引き」の切り身、ホヤは油で少し焼き入り酢と醤油で食べる。又現在は町内の飲食店さんの「タンメン」にはまっている。大門・芳賀・東・豊楽など、野菜の中に卵が流し入れられ最高に美味い。晩飯はビールと共に飲食店さんの「つまみ」で済ませている。一休の焼き鳥、田中前のお好み焼きと豪快サラダ、美志磨のトンカツ、昨日は和で「ジャコととうふサラダ」「海鮮ベーコントマトスパゲティー」「エビマヨ」を仲間と共に食した。
 しかし、今は「新米」だろう。秋刀魚・塩引き鮭をおかずに、地元の米を主としてのお昼のご飯は、まさに今の食の最高峰と言える。ご飯だけでもいける、こないだは我が家「特製豚汁」を父が作った。「悪いなー」との気持ちと共に食べたが、これも又最高の取り合わせである。写真は「ひころの里」に向かうカーブの、天日干しの「はせがけ」でその壁に圧倒された、美味いはずである。

 さすがに今年の米の品質は近年に無い状況らしい。東北以北の21ヶ所の地区では2割が何とか「一等米」で、残りの8割が「2等米」で、米が白くなったり、割れたり、小さかったりしていた。この影響は「米価下落」となり、農家の厳しさへと繋がる。「南三陸米」を一杯食べて来年への期待としたい!
 山梨県の「空き家」の実態は、全国一の「20.2%」を占める。この現実は「我が町」でも加速の一途を辿っている。あのてこのてで県・自治体が改善に取り組んでいる。関東エリアのこうした実態に驚き、「ドウナッツ現象」の中なら、都心への通勤地でもと思うが、都心への「高速道路」「新幹線」などの、アクセスが悪いのか?とも思う。「我が町」も近々この問題が「吉」と出るか判る。

 「耳かき事件」とテレビでは言っている。この事件は「風俗的」な所での、21歳の若者の働く場にも事件性の意味もある。当時41歳の男性が「21歳の店員に求婚」、常識では考えられない。断られこれが嫉妬と怒りとなり、祖母78歳を顔面15回刺し、孫21歳も喉を6回も刺し殺した。被告は今謝罪の言葉と手紙を書き続けている。と言う。「今何を謝罪出来るのか?」、41歳の無知と責任の無さの何物でもない。今回「裁判員裁判」により初めての「死刑」となる公算が高い。男2と女4人の国民から選ばれた裁判員という。孫が祖母に家を建てて孝行したいという気持ちだったが、この二人の家庭を総て消滅させた罪は、被告が出来る最高の謝罪が「死刑」になる事と、身内は話していた。私も「同感」であり、この事件は誰が考えても大多数が同じ意見である。しかし、男性で対象を20歳も下と考える人もいる。相思相愛なら良いが、可能性を考えるに「一般人」の可能性は「0」に近いものを、判らない人間も居るのは事実だ。

 同世代の「郷ひろみ」が新曲で「死ぬまで君を愛してる」と歌っている。彼もバツ2ながら結婚への希望を「リップサービス?」で話していた。幾つになっても恋はしていたい!と言う事なのだろう。18日が誕生日の55歳だという。「若い!」。農家の担い手は「地域コミュニティー」を守る役目も負っている。その為にも行政の「結婚支援」は欠かせなく、農業問題の解決にもなるのだが、難しい問題と手を拱いている。行政・農協・家族同士のネツトワークで、未婚者への説得・出逢いの演出するのも、こうした家族を含めた機関の役目です。出来ないと言うのは簡単で、実現に向かわせる努力の足り無さを痛感している。

 「我が町」の公立病院の医師招聘がこれでもある。他に類を見ない「斬新」な発想しか、難問解決への糸口はない。
 
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:12 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP