FC2ブログ

2010
10/11

地方活性化へ


こないだ気仙沼の帰り、宮城県漁協歌津支所に今月17日開催の、宮城県学年別剣道大会の「ネーム」をもらいに寄った。漁協の隣に「沿岸漁業活性化施設」の看板を見つけた。懐かしい!この施設の教室で「2級船舶免許講習会」を受講した。取得してもう3年近くが経つ、将来の趣味・実益の為に免許を取った。あれから「我が町」は自分の置かれる立場と共に、会社状況も大きく変わり、あの時の純粋な将来への夢を画けなくなった気がする。
 今度の日曜はそう言う訳で、大郷まで5・6年男子の引率で剣道大会へ出掛ける。指導者の力量不足でなかなか成長しなかった、6年生の男子がいる。叱られ・怒鳴られ・内にこもる性格だったが、現在は下級生を思いやり、剣道もさまになって来た。「継続の賜」がここにあり、心の成長を感じる。素質を持ち勝てる子供よりも可能性を秘めている。剣道人そして人として成長する事を願う。
 平成11年の漁業活性化構造改革事業は、10年間の中で施設整備や機械化により、安定増益と漁業者への支援と思うが、なかなか漁業の人口や水産物の増産とはなっていない気がする。デフレの拍車が価格の低迷により漁民の生活への向上は今後も難しい。

 昨日は北海道の仲間の帰郷の歓迎会となった。渡邊会長と私が出席し女性6人のご接待で場を盛り上げた。行きつけの場所でない2軒をハシゴしたが、以外と町民の動きを実感した。しかしながら偶然か「公務員」が半数だった。仲間の集まりは最小ではあるが、「我が町」の活性化の一歩一助でもある。
 スポーツ大会・イベントがあれば「反省会」として、飲食店や食料品店が動く、酒屋さん・タクシー・代行として営利が発生する。この循環が町の中で回転すれば、総てで潤いとなるのだが、そう簡単にはいかない。

 と言う事で今日は「二日酔い」である!ブログも支離滅裂となってしまった。昨日で4日目の風邪グスリを飲んでいるが、効いているのか良く判らない。熱は無く体調もいいのだが、喉の咳と鼻水が辛い。昨日はそんな中でシャワーを浴び、夜飲みに出掛けビール・焼酎を結構飲んだが、さほどきつくない二日酔いが不思議だ。今週の激務をこなす体調には少し不安であるが、「綱渡りの我が人生」今まで何とかなってきた。風邪グスリは私の「睡眠サイクル」を狂わせる、睡魔が突然遅う、体調管理と車の運転は気を付けたい。

 気仙沼法人会志津川・歌津30周年の公演会が今月の27日に開催される。この講演者は今私の一番大好きなニュース解説員の「辛坊治郎」である。「ズームイン」で始まり、現在の土曜・日曜の彼の番組は欠かさず録画して、繰り返し見ている。時代の流れの変化を判りやすく解説してくれる。また、気仙沼の「東陵高校」にも元小泉政権の「大蔵大臣?」の竹中平蔵氏が、公演会に来町する。今の政治への国民の関心も高く、多くの政治番組が今視聴率を上げている。「我が町」の皆さんも政治に関心を持たないと、自分が損をする事を判ってもらいたい。税制制度改革を決定するのも、私たちの一票から選ばれた「国会議員」である事を忘れてはいけない。

 ブログはある意味、病気か依存・自己満足の世界なのだとも思う。今日はその典型かもいれない。たまには休もうか?
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 12:04 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP