FC2ブログ

2007
12/28

エール

気持ちの爆発の表れと私は理解しています。
 親友からの助言や情報・記事助かります、応援ありがとう。今まで彼といろいろな会の段取り等をしてきての彼の行動には頭がさがり、その感謝の自分の行動を理解してくれ、今度は私が彼から大きな力をもらっています!SKどうもです。
 私がこんな行動的になったのは、突然の逝去により想いを遂げられなかった、彼の存在が知人・先輩からの嬉しいアドバイスと激励がありました!
 町や行政に対し常日頃からこどもり目線で、自分の考えを自分自身で発信している方からの熱い賛同の言葉ありがとうございます。彼女の発言は少し過激?でも母親としての真実のありました。そのお母さんからの「がんばってネ」の一言のエールを昨日もらいました。周りの人々は同じ事してるんだから「挨拶」にいった方がと言った、助言等をしてくれるのですが。彼のお母さんは総て見通しで、「損してないの」「無理しねでねー」と声をかけてくれます。本当に大変なのは、未だにその痛手からなかなか抜けられずにいるお母さんなのだと私は感じます。私も焦りません、お母さんさんも時間をかけて「心」癒して下さい。お孫さんのために、私は両親と町民の方々のため少しでも力となり頑張ります。
 (ちょっと大きい事をいったかな?多くの皆さんの協力の賜物です)
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:25 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP