FC2ブログ

2010
09/04

全てが異常


現在起こっている気象・政治・「我が町」の現状の総てを異常と今思い、その気持ちが増幅している。昨年前までの自分の政治への無関心を嘆かずにはいられない。誰かが誰かとこの異常・非常事態を、政治の行政の「平等」への体制づくりを真剣に考える時に来た。
 
 「異常気象」と気象庁が発表した!もう全員が感じ対処している。今日も宮城県は33℃で昨日は「37.7℃」だったという。9月としての記録に残る「猛暑」となった。エルニーニョ・ラニーニャ・偏西風の蛇行の3つの要因が重なった為という、それと常に発生する「オホーツク低気圧」がなかったせいと気象庁は話す。北海道の秋鮭の水揚げも4割減となり、サンマにいたっては2割程しか水揚げが無いと言う。海水上部・日本海近海の水温上昇の為という。北海道は8月から鮭の定置網による水揚げだという事を知った。「我が町」も白鮭の回遊による、放流型の鮭の水揚げが、漁業の水揚げ・漁獲高の数十パーセントを占めている。今年の「秋鮭漁」に影響が無いことを祈るだけです。

 菅と小沢の民主党党首の街頭演説が今日からスタートする。世論は72%が菅で小沢は16.1%となった。政治力と政策通との判断の基準を何処に置くかで、この支持率は大きく変わる。案に古い体質からの政治の脱却、金の流れ「政治利権」に国民の違和感は頂点にきている。生活不安・今後の生活保障など、国民は苦しんでいるのに、この部分が政治で議論され政策実行されないままに、「党内紛争」ばかりが目立つ。もう政治に期待しない?「自己努力」による生きる道への国民の模索が、デブレとなり「円高」「株安」に拍車をかけ、企業の経営不安定に繋がっている。普通の家庭は動じないが、弱者への影響は益々厳しく、自殺・家庭崩壊となっている。
 民主党の蓮方議員が言っていた「政治と金の議論はもういいから、政策で議論してほしい!」。相手の事を中傷しあうのではなく、これからの日本への政策での議論を深め、互いの政策方向を語って欲しい。と会見で話していた! 民主党の代表選挙は「総理大臣」となる公算が大きい。国の舵取り役を決める代表選挙、国民の民意を議員は謙虚に受け止め、そして自分の総理として相応しい人に、「一票」を投じて欲しい、この影で色んな「政治利権交換」が無いことを祈るだけです。
 「我が町」でも政治と金が選挙となると「動く!」という。選挙は「相手の中傷」では駄目だと言うことを、今実態として肌で自分は感じている。町民の支持を受け「何をするか!」にある。今回の「一般質問」も通告を〆切の数分前にやっと通った。議長と事務局長の受理の元で町長に質問できる。私の「ブログ」に自分のこうした活動は「とうふに釘」と、コメントがあったが、「ネット公開」など、少ないかもしれないが町民が見てくれる。また新聞報道なども支持者への活動報告となる。自分の「初心」を貫こうと思う。

 今日の写真は自分の部屋から、西の方角の風景です。今日の太陽が近所の白壁に反射して眩しい、空には4時頃からドス黒い雲が西の方に風で追いやられ、保呂羽山の上の青空が雲の切れ間から、青々と霊峰を映し出す。その雲・山・太陽の日差しの自然風景の一瞬でした。写真では半分もその美しさは表現できなかった。「我が町」の全部の中学校大運動会が無事開催されそうだ!くれぐれも「熱中症対策」に気を配り、事故の無いことを願うばかりです。雲一つない晴天・予想気温33度は危険がいっぱいです。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:1 | TB:× | 07:10 】

COMMENT

2010
09/04

>私の「ブログ」に自分のこうした活動は「とうふに釘」と、

すみません、「効果のない」ことをいうのは何度も言いますが、正しくは「豆腐に釘」ではなく「糠に釘」です。
もしくは「豆腐に鎹(かすがい)」です。
千葉さんは凄く頑張っているのはわかりますが、たまに初歩的な文法や、慣用句・ことわざがおかしい時があります。
その頑張りが文法や慣用句の誤りで誤解されたりするのは損だと思います。

ブログと言えど、公に向かって発言しているのと同じなのですから、一度落ち着いて国語辞典で調べたりしながら書いてみてください。

【 MASTER |  編集 】

POST A COMMENT


















 TOP