FC2ブログ

2010
08/27

炎上


先般メガネを取りに佐沼に出掛けた時に見た、入谷の砕石場近くの山が重機によって削られていた風景です。近くの看板に何やら書いてあったが「1億数千万の資金活用」と書かれていた気がした。「三陸道」の関連工事と思っている。

 民主党の党首選挙に「小沢出馬」と昨日報道があった。本人もマスコミに対して「不肖の身」ですが、鳩山前首相からの全面的協力支援により出馬を決めたと発言した。菅首相は「大変いい事だと思う」と、今回の党首選挙に命を掛けて戦うと言う。政界から身を引くと総裁辞任時に話した鳩山氏、「挙党一致」で菅氏を支援すると言ってた気がしたが? 鳩山氏は小沢氏を呼び入れたのは私で、今回の一連の流れを「大儀」と話す。まだ政治家としての名声を自負したい目論みがある。
 みんなの党の渡邊氏は「それでなくても暑いのに不快指数があがる。党内の内ゲバ」と切って捨てた。石原都知事はもっと過激で「金権陣営と無為無策陣営の対決」と党争だけが目立つ、現政権を皮肉った。スズキ自動車社長は「こんなことばかりしていたら日本は沈没してしまう」と今後の国内経済への、政府としての緊急な経済政策を示唆した。
 政府の経済金融大臣の「推移を見つめる」の発言の危機感なさへの、不振から益々「円高」「株安」へ進んだ。今日の朝のニュースでは、政府が「追加経済支援対策」へと、中小企業金融支援・エコ支援補助などを話した途端、少しの上向きとなった。市場の敏速さに驚くとともに、これぐらい国民も政府支援を求めている事が実証された。
 ある主婦が今老後への蓄財のため、1千万円を投資資金に充てていた。今回の下落により150万円の含み損となったという。株は判らないが置いて置けば、倒産しない限り元に戻ると私は思っている。長期的な蓄財を望むなら別だが何の事もないのではと?
 小沢氏が総裁になったら「三陸道」は早期開通となるという憶測がなされている。また小沢氏の「政治の金」の問題も、国務大臣となると総理の同意ない限り「訴追」はされないと言う。それが「内閣総理大臣」なら益々「訴追は回避」される。

 鹿児島の阿久根市長の「専決処分」の報道には、議会との意思の疎通が成されていない中での、市町村長の横暴さを見る。副市長の選任、市職員・議員報酬カットを市長が「専決処分」とした。市長の発言に「議員報酬カットと言ったら貴方たちは反対するでしょう!」だった。だから専決処分を市長の名の下に発動した、と言う。議会と首長がぶつかり合う時にこうなるのか?と思った。「議会制民主主義」の名の下の、地方自治の形に真っ向から違反する行為と思う。私は「報酬削減策」には賛成するが、首長の一方的な行為には、腹が立つし頭にくる。市長リコールも6000名の署名が必要だったが、すでに8500名の署名が集まったという。市長選挙となると又別物で、「しっかりとした対抗馬」がないと、選挙には民意は反映されない現実がある。「我が町」に「選挙と金」が無いことを願うばかりです。立候補と町民の「モラルの改革」が求められる。専決処分は「議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであると認めたとき」と議員必携には書いてある。「我が町」でもこの言葉が6月定例会に出てきた。

 朝から頭使ったから「疲れました!」、脳の成長が止まり「知能維持」に務めてのブログ的な所もあるのでご容赦頂きたい。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:38 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP