FC2ブログ

2010
08/26

自然に親しもう


「我が町」の自然・景観・色合いなど、普通に見える総てが、他の地方を歩いても無いと、自分は自信を持って日本全国に南三陸町を「発信!」できます。海の青さ、山の緑、人の情、全てが純朴で心和む風景の「街」です。ぜひ多くの人達に来て貰い・住んで貰いたいと思う。
 
 2日間の留守対応と処理に追われた。気仙沼の剣道大会申込・日本国誠流詩吟会の問い合わせ・県印刷組合支部総会の電話での打合せ・本吉気仙沼の印刷支部の会場の準備・気仙沼の理事との日程調整・三陸新報への「婚活」広告依頼・結婚事業への問い合わせ対応・同級生のコンペの打合せと案内送付・行者にんにくの内海氏との電話打合せ・佐藤門哉氏との産学連携の交流会の参加依頼などが、今参加している団体への取り組み対応です。
 会社は「給料日」とあり、資金繰り?と支給計算。しばらくぶりで来た「アルバイト」への今後の体制説明、会社ブログの充実、東京への仕事の発送、町内の納品、神奈川への荷造り発送など、机の上は今資料と原稿でいっぱいです。

 写真は21日の入谷地区からの帰り道、休耕田に植えられた「ひまわり」が余りにも綺麗だったので、携帯で写した、小森地区の風景です。周りにはたわわに稔った米が頭を垂れていて、そのを天日干しする木の杭を収める小屋が後ろに写っている。「かかし」や黒いビニールで雀の食害を防いでいた。又今年の猛暑のせいで「カメムシ」が大量発生していると、農家の人から聞いた「果実」「稲」の食害は、商品の価値を奪ってしまう。9月も高温となる予想で「30℃」にも達する事もと言う。10月も暑く11月からやっと平年並みとなる。野菜の高騰が叫ばれているが、「我が町」は高騰など大きな被害を回避出来る、環境を持ち備えている気がする。
 小森地区の道路沿いには、「三陸道」のルートとなる山の木の搬出の、材木置き場がいまある。着実に「高速道路時代」への歩調を進めている。

 とにかく色々な犯罪が起こっている。「こんな人間にならないように!」と、ブログに書き込みをしている。札幌の「すすきの」の事件は信じがたい、「女性が道端で倒れている」が一報だった。下半身をむき出しだった事から「性犯罪」とは判る。23歳の男性の犯行は家庭と子供がいての卑劣な行為だった。50歳の女性が帰る夜中に反対車線に車でぶつかり、拉致しての強姦行為におよぶという。一回目は抵抗され2回目は自分の性欲達成へとなった。それがこの女性だった、酒を飲み夜中3時に帰り、妻が居ないから又出掛けての犯行、「鬼畜」の行動と言える。普段は普通の人間だと言う。「飲酒運転」「ひき逃げ」「強姦」が、普通の人間に出来るのか?、23歳男性「酒乱・酩酊!」だけではすまない。
 盲学校の43歳教諭の「女装下着泥棒」も、性への欲求の捌け口がこの行動としては情けない。43歳教師の判断は何処にあるのか?、福祉的な職業と理解しているのか、男性の性への欲求は「独身者の急増」で、こうした信じがたい行動・事件の増加があり、今後を心配する。社会の「歪み」が経済のみならず、人間にも多く現れている事件の一つと言える。

 「普通の結婚しましょう!」。これで人間の倫理は生かされると思う、とにかく「ふたり」から始めましょう!、
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:19 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP