FC2ブログ

2010
08/06

水族館?


今月1日にサンオーレに向かった時に、写真の風景を目にした。新漁港の市場い大きい看板が出来ていた。近代的は固い建物がこの絵の魚たちで、水産業の「我が町」をアピールしている。子供達の目にもしっかり伝わる物として、市場・水産業への関心により、家族で市場へ魚を見に行く事が多くなり、漁師の漁業の町の復活を期待したい。

 全国の不登校(年間30日以上学校を休む)の子供達の数が12万2432人と発表された。小学生2万人・高校生10万人となりこの現実に驚く、しかし2年続けての減少という。その理由に「学校へのスクールカウンセラー配置」があり、小中の連携がある。教員だけでは子供達の対応は、取り巻く社会状況の変化・家庭の環境など、難しいと問題がある。3.4%の減少と昨年度はなったが、まだ多く今後は全国1万校の中学校に、「文部科学省」からスクールカウンセラーを配置する。学校・家庭の双方が大変で、相互の信頼感と子供の現状を理解して、事に当たる必要性が求められる。

 国民年金の加入率が59.98%と60%を割った。社会不況の中での収入不安が原因という。非正規雇用・パート・アルバイトなど、安定な生活が出来ない現状で、将来への投資よりも「今を生きる」事に、意識を向けないと明日がない。4年連続の下落で政府の8割の維持は到底無理である。社会保障は今の経済状況もあるが、他人に心を向ける昔ながらの考えが、自分さえ良ければいい的考えに、現在の若者意識の変化よるものが大きい気がする。団塊世代から比べると、現代世代の社会協力の欠如は、日本の崩壊の前ぶれのように感じる。社会保障への改革の取り組みは早急に必要で、財源の確保への観点から無駄な資金支出への排除、それから消費税問題に現状を踏まえた政策を、与野党の垣根を外し考えて欲しい。

 トヨタ「プルリウス」が14ヶ月連続一位で、3.4万台にもなりエコカー補助によるが終わる、駆け込み需要らしく、私も今後はトヨタ系の車種を考えている。沖縄でインストラクターが「おこぜ」をあやまって踏み死亡した。楽しい海も多くの危険と隣合わせです。離岸流・クラゲ・熱中症などがある。私も20歳位のころに、今のサンオーレの「でべそ島」に泳いで渡ったときに、自然生息の「えらこ」に背中を刺され20㎝四方がはれた。魚の餌としても使うが、オコゼのトゲと同じに身を守る毒を持っている。こうした危険な場所は遊泳禁止だが、監視員の注意を聞かず岩場での遊びは気を付けて欲しい。

 世界的な以上気象が世界の食糧にも影響が出ている。ロシアの穀物の輸出のプーチンによる「禁止令」が出た。穀物が干ばつにより25%も減少し自国の食料不足に影響となる為である。今後小麦を輸入にたよる日本、「カップメン」などに影響が出て、値上げになる公算が高いという。食料自給率も40%を超えたといっても、食料の半分以上を他国の依存している、日本の食料事情は「危機管理」の面でも心配である。今後も異常気象の発生は毎年のように続くと予想される。

 今日も暑いが、仕事・スポ少・勉強会、そして家庭の親戚への「ぎりすび」で又多忙を極める!
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:10 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP