FC2ブログ

2010
07/19

人と自然を満喫


昨日の私の町内での「人と自然探訪記」の一日でした。4時に起床しての朝焼けに感動し、サンオーレの夜明けをグログで紹介、ここから昨日の一日が始まった。

 6時からの2時間の「南三陸町リアスクリン大作戦2010」では、全域で町民による町の清掃が行われた。自分の地区「旧市場」は津波から町を守る防潮堤に植えられた、花壇とその周辺の清掃に地区民が沢山出ていた。ここから、松原公園と病院周辺の清掃に、45号線の道路沿いもポツリポツリであるが町民の姿があり、新井田川の水道事業所わきの河川敷上流には、天王前・天王山・十日町の皆さんが、夏の太陽に大きく成長した雑草の刈り取りを見た。そこから大森地区は範囲も広く、農協前から新漁港の旭が浦の夏まつりイベント会場までを、地区民総出といった感じで清掃を行っていた。そこから、袖浜地区に向かうと、袖浜漁港周辺には地区漁民と漁協職員が、トラックに清掃したゴミ・草を集めていた。その数の集合の多さは一番と感じた。ここから、ベンサイドアリーナへ向かうと体育館へ向かう沼田新団地の前の道沿いを、二人の高齢の方が草刈り機で、斜面を追おう雑草を刈っていた。7時を過ぎ気温も上昇し暑い中での作業だった。ここから町中へ向かう、商工団地の花壇は綺麗に整頓され、45号線沿いは地区地区の方が家の前の雑草を摘んでいた。初めてのクリン作戦で海岸線の町を一周した。行政職員・地域民・漁協関係者職員などが、一体となり全町清掃活動にその「大きな力」に驚く。一人一人の集まりが町の力となり、団結清掃により「来客」を迎える。私も昨日は朝少しながらサンオーレでこの活動をした、小さな力の集まりが大きな成果となる。写真は一昨日の「海開き」を終えた昨日の「サンオーレ袖浜」の風景です。海岸線にはゴミもなく気持ちよく「我が町」の海と自然を満喫した事でしょう。

 昨日は原稿を纏める場所の部屋の気温は「30℃」近くとなり、扇風機を回しながらの執筆となった。議会広報紙の「町民の提言」と「議案審議」のまとめの作業には、3時間を要した。原稿まとめデータの打ち込みと、その合間のサンオーレの写真撮影で中抜けしたものの、夕方までかかった。原稿の確認と用事を1件、「一人頑張って生きてる友人の母親」から元気と勇気をもらった。何とか昼間の仕事をかたづけ「クリア」できた。

 次に突然の誘いだったが、自分の趣味の時間を楽しんだ。今年初めての「穴子釣り」に出掛けた。この日は33℃まで地域によっては気温が上昇した。その半面6時出船の志津川湾の海上の船の上は気持ち良かった。海は静かな「ベタ波」で、初挑戦の若者と船頭含め5人での釣りとなった。今年も一番は私に「きた!」、昨日の頑張りの御褒美なのだろうか?11時は林の漁港に帰還した。今年の初釣りは全員で「50本」を楽に超える大漁となった! 私は15本でした。仲間は驚く位の「くさギンポ」、初めて見た代物だった。アイナメの50㎝近くの胴回りと大きさだった。不思議な物で釣った彼はギンポを初めドンコ3匹など、外道を4本も吊り上げ、本命は少なく、他の人に「本命」だけという不思議な結果となった。海は本当に面白い!

 今日は今から「穴子を捌かないと!」、では先ずは報告まで。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:37 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP