FC2ブログ

2010
07/17

夏!


昨夜の「従業員慰労会」は、飲み過ぎました。「失礼!」の言葉を沢山従業員から貰いました。また、アルバイトの方に多忙時にお手伝いを貰っている、このメンバーにも声を掛け、「今後もよろしく!」とお願いした。付き添ってきたお母さんとの話は大変ためになり、考えが大いに類似していた事嬉しかった。2次会はひとり「仲間」を誘い、議論を交わし今後の方向性の確認となった。
 結婚支援事業は難しいが、多くの仲間を引き入れ、交流や勉強などを通して「女性の心を掴む・結婚まで行く訓練」が必要と思う。片手間に「婚活」や「来るのを待つ」なんて言う時間は、35歳過ぎての「独身者」には、結婚は遠い夢のように思えてしかたない。昨日の最後の店の主人は私の同級生で、結婚への積極性を持っていないように思ったが、昨夜は違っていた。「店休んでも参加する!」と、パートナーの相手の必要性を大事さを今、切実に感じ始めた現状がここにある。そうは言いつつ「日曜穴子釣りにいかない?」と誘い、自分の多忙は今ピークであるが、その誘いには少し弱い。もう一人常連仲間がいたが、もっと「婚活」を今しないと絶対後悔する!と言いたかったが、連れが来たので又の機会に説教?したい。

 昨夜の一個先輩の「田中前」での会は、しばらくぶりとあり少し「はしゃぎ」過ぎた。前沢牛の焼肉・サラダ・刺身盛・ホテト・手羽先だけだった気がする。この日は「田中前」さんもお客さんがいっぱいで、料理場がてんてこ舞いだったせいと思う。又の機会に友達を誘って行こう! 「田中前のお好み焼き」、食べる事は無かったがお土産に皆に持たせた、自分にもである。アルバイトの若い子は余りの私の言葉に、突然帰ってしまった。こういう会で「自分を磨く」ことができればと誘ったのだか、私の「言葉のきつさ」が、彼の心が許さなかったのだろう。この事が昨夜の自分の「大きな反省」の材料となった。

 二日酔いを押して9時30分からの「サンオーレ海開き」に出掛けた。この日は9時を回っても町内全域が「ガス」に覆われていた。荒澤神社の遠藤宮司さんの「安全祈願祭」には、関係者が30人サンオーレの砂浜に集まった。「海の家」も準備万端整い、今日のオープンを迎えた。しかし、このガスは頂けない。祈願祭の終了時にはサンオーレの「でべそ島」も見えるまでに、ガスが晴れてきて今日は良い海水浴日和になりそうだ。終末の連休は好天と気温も高い予想で、「海開き」には最高の時期となった。平成19年は昨年の倍の入り込み客があった。ここ2年間の冷夏は余りにも酷かった。天気が悪く来場が半分となり、海水浴客の減少に「海の家」は出店費用さえ出ない有様と聞いた。今年は西日本の豪雨被害がまだまだ続いているが、宮城県南三陸町の「我が町」は今後どうなるかはまだ判らない。以外とこの地方は大きな天気での災害は少ない、だが昨年の局地的「ゲリラ豪雨」もある、西日本への災害見舞いと、「我が町」が良い夏を迎えられる事を祈りたい。

 今日は書類・原稿の執筆に追われそうだ、無い頭での搾り出す言葉に苦労している。でも「一生懸命」さがきっと伝わると信じている。サンオーレの周回道路の清掃をしていたお母さんに、「千葉さん、家の姪っ子行ってるよね」と突然言われた。偶然にもその子の昨日は「歓迎会」でもあった。人との出逢いは不思議である。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 11:29 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP