FC2ブログ

2010
07/08

小室等ワールド


今年も「杉田さんちに」小室等さんが7月10日にやってくる!チケットはまだ残っているという、是非に時間のある方は御出頂きたい。私もことしで2回目の来場者となるが、1回目からのこんな楽しいコンサートと交流会は初めての体験だった。彼のフォーク時代を生きて来た私は、まだ「小室等」を知っている時代、高校時代の徹夜の仕事手伝いで、「ラジオ」から流れて来る音楽に耳を傾けていた自分がいた。また「一時」であるがその時代に戻る事ができる気がする。40年ぶりに過去への「心」のタイムスリップである。現在の「我が町」南三陸町の一部の喧騒や不快感のある町からの脱出です!こないだ聞いた「老人と海」が聞けたら最高。
 35年ぶりに「志高」の同級生に警察署の「免許書換講習会」であった。さすがに自分も彼も様変わりしていた。3年4組の「せいや」と言えば身近な私の知人には解る。「おっ!」と声を掛け「そうだよな?」的な感じだった。どうしてた?とお互い、彼は自分の事情でこの町には住んでいないという。ただ話しの中で「自分はいいんだ」と人生を捨てている気がした。志高の3年四組のクラスメイトの仲間には、もうすでに5人が「この世」には居ない、55人でこの数は多すぎる。それがまた自分に近しい男たちだった。その一人の死は会い話す機会があったら、「救う事ができた!」。そんな事を思うと「投げやりに生きている仲間」は非常に気になる。生ある内は共に楽しくなくていもいいから?「普通に同じ空気を吸っていたい!」と、何回かも悲しい事件の後に感じていた。みんな色々ある中で生きている、「ひとり」じゃないから! お盆に帰るから会おうと約束した。
 
 免許の講習はさすがに眠い、お昼の1時から1時間で、ゴールドの方は30分だが、違反を起こした「一般者」はこの時間となる。朝の三時前には「ムクムク」している私には、この時間に睡魔が襲ってくる。知らず知らずに「5分」は眠ってしまった気がする。こうした面からも時々に「車運転に不適用」と感じる時がある。今回の免許証には住所がない、そして、中型車の8トン車まで乗ること出来る記載があり、免許証も厚くICチップが埋め込まれといるという。またここでも「暗唱番号」を覚えておかないといけない。私の社番は「50-50」で、車の呼び出しでもすぐに解るようにしたが、この番号は余りにも多くの方に覚えやすく浸透し過ぎている。「先生デートですか?」「なんであんな所に車止まっているの?」など、不都合がいっぱいあります。

 ワールドカップサッカーで自分一押しだった「ドイツ」が、無敵艦隊のスペインに敗れた。試合の始まる5分前に目が覚め、全てを見ることができたが、終始スペインの「パス回し」に、防御一辺倒となったが、ワントップの「ロッペン」に期待していたのだが?結果は後半の中盤以後のヘディングで先制され、残り時間を攻めに回り、危ない場面を幾度となく回避し1点に泣いた。スピードサッカーの面白さがここにはあった。アルゼンチンの試合などは、目を反らす事の出来ないくらいの攻撃合戦、45分づつの前後半と90分が短く感じられるほどだった。4対1の試合は面白さではここまで「イチバン」と感じた。「ゲルマン魂」対「侍魂」の試合も見たかった! スペインの57年ぶりの決勝リーグへの進出があり、悲願の初優勝がかかる、ドイツ戦で勝利に酔った場合は負けると、解説者は言っていた、それが「ドイツ」だという。相手は「オランダ」、日本が0対1で敗れた相手である。決勝が楽しみです。

 眠れぬ夜もあと一日です。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:12 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP