FC2ブログ

2007
12/15

出会い

 いま4時30分、私の生活のスタートです。けっして歳をとったせいでは有りません。昨夜また新しい人との出会いがありました。50歳からは落ちついた生活をしようと考えていたのですが!激動の平成20年を迎えようとしています。現在はその予兆でしょうか?
 年に数回ぐらい顔を見にたちよる所があります。父のような母のような心配ごとや助言・愚痴をきいてくれます。他人なのに素直に話せる場所なのかもしれません!
 出会いは高校時代のクラスメイトの両親です。高校時代は自分はシャイで集団活動への交わりが苦手で、その彼との交流はまったくなかった。彼が卒業して結婚してから自然と付き合うことができました。「彼女紹介するからな!」と言葉をのこして彼は突然の「死」を迎えてしまった。その死を受け入れることができず、その亡骸を小さな窓から彼の顔を見て確認しました。その当時彼は仕事で悩んでいたのか?現実は彼にしかわからないけど、傷の間から「やすらいだ顔」わ見てほっとしました。その顔を今でも鮮明に覚えています。地元を離れてこまり悩んでいる仲間がいたら、無責任かもしれないけど「帰ってこい!」が口癖です。
 そんな彼のお母さんすごく元気!「力を分けてもらってます」。無口なお父さんとは「いっぱい話をしたい」。友人との替わりにとは考えていません。俺がここまで頑張れて生きていられるのも彼のお陰かもしれません!そんな彼の心優しさを、今度は自分が多くの人に返さなければと言う使命感さえ彼からもらいました。「そういう奴」その両親です。人生の先輩として、もっといろんな話をしたいと思います。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:09 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP