FC2ブログ

2010
06/06

残り方


昨日は午前に仕事をし、午後にこの雨でも「塩釜」に、漁業・観光の視察?に出掛けて見た。テレビで良く見る「塩釜市場」を見たかったのだが、知識不足で2時まで開催で、体験する事はできなかった。
 しかたなく知っている所として、「マリンゲート」に出掛けた。着いたのは4時だった。観光バスターミナルには2台が出発する所で、食事・物産品の販売所がガラガラだった。市場もゲートも観光客のピーク時を外したしせか、閑散としていた。以外とこれが現実だったりする「マリンゲート」かも? 週末の松島と塩釜の「観光船」は、観光客の魅力の第一だろう。島々の遊覧とかもめとの戯れ、テレビのどうり多くの観光客を集まっているはずである。仙台から30分と近い事もあり、日本の3代観光地といえる。ここと「我が町」を比べるのは無理があるかも知れないが、やれる!取り入れる!ことはやった方がいい、今のホテル観洋と民宿の観光の中心に、何かを加える事で、更なる集客に繋がる。
 女川・鳴子・塩釜・・・など多くの観光地を見ると、一つの場所で「観光客を迎える」というスタイルが、何処の場所にも存在する。町中・通りでの観光客の流れで、商店の活性化は必要だが、町全体の発展には無理があるように思う。「道の駅」の立地により多くの町民の係われる、観光開発が町の発展には欠かせなく、一部の商店の発展ばかりがあり、町全体の活性化にはなっていない!一つの大きな場所で、一度に多くの用が足せて、多くの人と産品に会える事を今の「観光客」は求めている気がする。地元味・人情味と「自然の接待」が、旅の想い出づくりには欠かせない。
 一つの大きい「しがらみ」を守るため、多くの犠牲と足踏みが「我が町」の、未来と子供達の将来への不安に繋がっている気がしてならない。寛大で勇敢な心と、町の自然と人を見つめた、新しい町の舵取り役の現れる事を期待したい。
 「事業仕分け」の二人が、重要ポストに就いた。枝野が幹事長・蓮舫が少子化担当など、「菅内閣」の閣僚が8日に決まる。いくらかは民主党の支持率の下落は止まる人事だと私は思う。しかし、普天間と口蹄疫の問題は政府が早急に結果をださないといけない事案である。このゴタゴタで「参院選」も伸びると言うことだ。
 来週は多忙に多忙を極めそうだ!「心の力」に頼るしかない。みなさんからのエネルギーをお貸し下さい。情報を一つ、塩釜のマリンゲートの2階外の「イタリア料理店」は、パスタ料理など雰囲気も満点でした。塩釜も全て味わえました。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:1 | TB:× | 06:50 】

COMMENT

2010
06/06

道の駅?

ですが、ありきたりの道の駅は南三陸町には不要です。もっとアイディアを膨らませておっしゃって下さいネ。期待しています。

【 応援者 |  編集 】

POST A COMMENT


















 TOP