FC2ブログ

2010
05/21

公開遅刻


今日も朝2時半に起きた。深夜テレビで「普天間問題」が与野党間で討論されていた。自分の知識でこの問題を語る事は難しい、日本の沖縄県人を大一で考え、「安保」の意味を国民全体で考え「民意」を選挙で発揮してほしい。参院選はこんの諸々の問題を、真剣に考え国民目線の「政党」を選択しよう。
 毎日の睡眠を6時間は遵守していて、夜7時にご飯変わりのビールを一杯、8時には身体の赴くまま「爆睡」となります。40歳前後の「不眠」で悩んだ時代が懐かしい。テレビは基本として現在はニュースと政治討論しか見ていない、他というと日本・世界の自然風景があり、目から癒しを吸収している、昨日のある川の「けあらし」は、地形と気候が生み出す「景色」の航空写真は、自然の作り出す風景に感動した。何年に一度という凄まじい川に沿った、雲と風と言った状況に子供たちの通学、強く生きている子供たちの健全成長を願った。
 見逃せないのが「さんま御殿」かな、意味もなく笑える、何も考えなく見れる。25歳時代の「ひょうきん族」に影響され、この時代に戻れる気分を得られる、唯一の時間かもしれない。自室には「ビデオ」が山のようにあるが、決して「・・・オタク」ではない。撮ったビデオを上書きしたり、捨てる事が自分は出来ない。この辺は「オタク」なのかもしれない、最近の大半は「政治」に関するものが全てと言っても間違いはない。今までの政治無関心を取り戻そうといている。
 先頃、気仙沼に出掛けた時の、「シャークミュージアム」・「海の市」の存在感を強く思った。「我が町」にはと言うと、こうした大きな観光施設がない。一同に介する事の意味・必要性を考えると、今の町の形は「どうなのだろう?」と議論の余地はある。町民の交流の場と地元消費の買い物の場としての、総合施設を作りたいと考える。
 個人で出来る事から始めたい、障害者の支援と町民の理解と交流の必要性を大いに思う。弱者に優しい「福祉の町」の創造を考えている。地方分権・税源移譲などの国の方向性に、「我が町」の人口の減少と企業・事業所の弱体現象は、今後の法人税の10年間で40%から25%の減額へと進み、益々の町財政の税収減を懸念する。町の財政の福祉・教育の資金が、人件費に係りすぎる現実からの回避を、町民と一緒に考えていきたい。
 事業仕分けで8事業の廃止・4事業の見直しとなった。「塩事業センター」「全日本交通安全協会」などが、質問責めで仕分けの対象となった。官僚の天下りは「長所・短所」を含んでいる、報酬の2千万から3千万は国民目線でありえない、官僚の知識・情報・人脈連携などで国民利益への波及はお願いしたい。定年後はもう「ボランティア」という貢献精神への転換という、官僚の意識改革を省庁在籍からしてみてはどうだろう! 無理ですね・・・
 今日も健康で仕事できる事に感謝・感謝です。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 14:56 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP