FC2ブログ

ARCHIVE - 2021年01月

2021
01/31

コロナ終息と三陸道の有効利用


気仙沼の「気仙沼湾横断大橋」が3月6日に開通し、岩手県宮古までの時間が、「2時間短縮」となる。三陸道の全線開通は2030年まで期間を要すると言われていたが、2021年3月の全線開通となる。大震災で早期の「命の道」としての三陸道整備は、国策として国土強靭化と共に、国の重点目標として進められてきた。


DSC_0510.jpg

道路交通の物流の迅速化を進め、災害時の人的・物資の運搬の必要性を、大震災の発生で国が政策を震災対策として進めた。「ストロー現象」を危惧していたが、ここまで三陸沿岸の高速道の整備は、一自治体の問題よりも、全国から国民を呼び込み、被災地の復興・交流人口の拡大で、自治体の生き残りの時代となってきた。
南三陸町の「歌津北インター」の上りたけのインターから、気仙沼圏域への歌津地区民の生活道路として今後整備が進む。2025年には上下の通行へと計画を進めている。今後は歌津北インターに「道の駅」の整備も、考慮していると地元の大企業の代表は話している。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:51 】

2021
01/30

高速道の災害

大雪だけど行列しても食べたかった
「紺のれん」の味噌ラーメン
あったかーい!

登米市にお返しの品を買いに「三越」へ、内陸部はやっぱり行きが多い。帰る頃には吹雪となり、三陸道の東部道路の抜け口では、大渋滞で三陸道の上りにはヘッドライトの帯が繋がっていた。登米インターへ乗るまで「30分」もかかった。これまでこんなことはなく、日本海沿岸の雪害の大変さを実感した。



「1月25日ブログから」
昨日は線香の香炉の灰の片付け、供花に水を注ぎ、父の遺影を見えやすい場所に飾った。日曜なので最後の来客があるかと思っていたが、静かな一日となった。父の物を整理し、多忙となる今週に備えた。

買い物に中田のスーパーへ、ここに行くのは私の楽しみの一つの、「カシュナッツ」の大袋を買う為で、人が少ない時を見計らって出掛ける。行けば生活品をついつい買ってしまう。4千円を使った。帰って「ダイユー・エイト」へ、志津川店より中田は大きいが、物が何処にあるか判らなく、帰ってから4点を買う。町の「てんこもり商品券」は残り2千円となった。

気仙沼市でまた陽性者が4人だと言う。隣町には今週2回も行くが、用事の会社だけでとんぼ返りだ。宮城は24人と、土日の検査が少なく、報告も少し遅れる為の数字だろう。
東京は「986人」で、12日ぶりに千人を下回った。家庭内感染が220人で、施設内感染が過去最高となった。病院や高齢者施設の160人で24医療と、高齢者福祉施設が36カ所だったと言う。施設のクラスターの発生が拡大しているとも言う。

DSC_0450.jpg
「1月26日ブログより」
東北は岩手・山形が陽性者「0」となった。間違いなく政府の「緊急事態宣言」と「時短営業支援」の効果が出てきたとも感じる。土日の検査数の減でここまで減るとは考えにくい。一週間の感染者の推移でも、2週間前から20%減、その後の一週間も20%の減少は、国民にとっても嬉しいデータだろう。
国民の生活の自粛とコロナ対策の強化は、病院の逼迫と、入院できない今の現状を強く意識しての、「コロナになったら死ぬ」、そんな恐怖感が国民行動に反映している。異変種のコロナにも「ワクチン」の効果があると調査機関は話す。

東京も700人を下回った。一か月ぶりかと思う。全国でも平均的に陽性者が減り、宮城県も昨今の陽性者の数から、一揆に「11人」と驚くべき良き数字だった。しかし、全国の死者は「73人」で重症者が今も「1017人」と、まだ命の狭間にいる国民は多いと感じる。

昨日はブログを見てくれている方が3人も、「何かありましたか?」と電話をくれた。「南三陸町から愛と死と希望を見つめて」のブログに入れない状況が一週間近くになる。私のパソコンのメンテをする方が多忙故の事です。今は「みなさんと共に」のブログで、相も変わらず自分の事を、政治への思いを書き込んでいます。その内に復帰しますので、よろしく!






【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:24 】

2021
01/29

持続化申請

三滝堂インターに父の好きだった「イチゴ」を買いに
道の駅「三滝堂」「林林館」のキッチンカーが止まっていた
なんと華やかな登米市の名産品の数々のペインティング



「1月24日ブログ」
緊急事態宣言で来月の7日まで時短営業の2週間が経過した。特措法では3種の法整備に進んだ、陽性となり病院に入院の支持にしたがわない人に過料、制度に従わなかった人達に制裁を科す法は、今のコロナ感染の拡大を見ればしょうがない。

宮城県の感染者が昨日も「48人」と高止まりして推移している。全国の10都府県でも同じだが、それ以外の県は少しずつだが低下しているように見える。宮城のクラスターは高校にあり、石巻は生徒4人先生2人と増加し、利府でも新たに4人の生徒の感染が発覚した。気仙沼市でも「4人」の発症数は近隣市なので気になる。

東京の1週間の一日平均で減少している。先週は「1479人」で今週は「1289人」と減少は、都民の生活外出の自粛でその効果が表れている。重症者が「1009人」ながら死者が「83人」と重症者の死亡で減っているだけだ。国内のコロナでの死者は「5077人」と、昨今では急激な増加となっている。
イギリスの変異種の感染が拡大し、都内の10歳の女の子が変異型に感染している事がわかった。イギリスの研修機関は、死亡率が1%から1.4%と高いと言う。この異変種にも現在のワクチンの効果があると言われ、早期のワクチン接種が国家の重点目標にあり、医療関係者、基礎疾患者、高齢者(65歳以上)、そして一般国民への接種の優先順位のようだ。初めは2月末、最終は6月とも言われ、副官房長官と河野ワクチン担当との話が、国会の中でも違い混乱している。ここにも国民の不安の拡大の元となっている。

最初の症状は、「咳」「喉」「発熱」と言い、症状が出たら早めに自助での対応をお願いしたい。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:14 】

2021
01/28

国会議論


日本のワクチン接種は一人30分かかる。高齢者は4月1日以降で、川崎で実証実験を始めた。東京で18人、大阪23人と全国で「90人」が死亡し、早期の接種で多くの人たちの命が救われる。

DSC_0471.jpg

「1月21日ブログ」
現在バイデン大統領就任式が開催されている。昨日までのアメリカは累計で死者が「40万人」を越えた。今後は4月1日までに55万人が亡くなると言う。

日本も昨日は「92人」が亡くなり、累計で4792人が死んだ。毎日のように5千人前後の感染者が発症し、アメリカでのニューヨークの爆発的な感染による死者が、一日1千人となるかもしれない。
政府の中小飲食店の時短営業に一日6万円の支援があり、大企業の支店・フランチャイズの店にも支援を拡大した。それにより東京では「95%」の店が時短営業としている。来月の7日まででいいのだろうか。
立憲の枝野代表は「楽観論の政策」と言い、文化会での提言を元に政策をしていると総理は答えた。未知のウイルスとの戦い、その大変さは理解するが、経済再生を考えた政策の両立は難しい気がする。

宮城も昨日は「45人」で、高校のクラスターや、小学生の感染者も出ている事は。家庭内感染があり、「自宅療養」での感染が見られ、全国の1700自治体の対策は急務である。
コロナ禍の中で大きく営業拡大の会社がある。「コロナ事業拡大」はその一つで、日本の4社の「超低温冷蔵庫」は世界からの注文が入り、24時間営業をしていると言う。
電通ビルの売却が1800億と言う。本社移転はしないが「テレワーク」の活用で、従業員9千人の2割が出社率と言う。社屋の有効利用となっていないと会社が決断した。企業体系も生活環境も多くの変化の「2021年」となった。

日本経済は激変


「1月23日ブログ」
子供一人の3人家族の「禍」は、最悪の事態を招いてしまった。「自分だけで考えないで!」と叫びたい。主人がコロナ感染となり、最後は家族3人に感染し、30歳代の妻は「自分が子供に移した」と悲観し、一人自分を追い込んでしまった。誰も悪くはない。家族が、社会が守らないで誰が守るのか。政府のコロナの感染対策には、入院先がないからと、自宅で療養等、コロナ感染での的確な治療ではない。昨年の第一波の感染での、政府に危機感が欠如していた事を原因に上げたい。良い意味での中国の対応は、強権を発揮しコロナを封じ込める事ができた。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:09 】

2021
01/27

復活


東京で2日間の1000人を下回っていたのに、また千人越えとなった。
朝5時の臨時ニュース「日テレ」で、世界のコロナ感染者が、日本時間午前4時45分に、「1億人を超えた」と言う。世界で約一年で「1000万人」から、いまは1か月余りでその数字に達する。
日本の死者も夜の6時のニュースでは死者「91人」から、朝の日テレでは「104人」と、調査の集計もあるが「13人」も増えている。一分一秒と人が死を迎える現実を、もっと危機感を持ち日本国民は行動するべき。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 17:31 】

2021
01/20

コロナ


昨日の正午ごろに宮城の高速で「ホワイトアウト」
100台以上の車が事故に巻き込まれ10人以上が死傷した
南三陸町にも4つのインターがあり便利だけれど
昨日も寒さの中で至る所がアイスバーンだった
スピードは控えめ 道路事情での適切運転を

DSC_0391.jpg
今日は午前2時に目覚め、眠れず「十津川事件簿」と「相棒」のビデオを3時間見た、途中で毎朝の恒例の「日テレ視聴」、この中の全国の感染の図面を見て、現状をSNSで発信する事を常とする。報道しなかったり、時間が色々だったりと、携帯に撮るために布団から飛び起き撮影する毎日だ。
感染者の最大県の「赤枠」の地区は今日は無かったが、各県とも感染数は高止まりの状況には間違いが無い。昨日は「5320人」で死亡が「104人」と最大となった。病院の逼迫の関係の重症者は「1001人」と注視すべき人数となった。東北では宮城県の陽性者数が「61人」と多く、県内の自治体の8割で感染者が出ている、近隣市の石巻は落ち着き、登米市・気仙沼市がポツリポツリと陽性者が出ていて、南三陸町の町民も気を抜く事はできない。

私の伯父叔母の住む神奈川も全国で2番目を続けている。東京都は1千万人都市で、昨日も「1320人」と千人以上の推移が見える。これまで「744人」が既に死亡し、昨日も16人の死亡と今後も増加する気がする。入院や隔離のホテルが無く、自宅で入院を待つ人が「7539人」と、自宅感染が多いのはこの事に起因する。

河野改革大臣が「ワクチン担当」となり、日本のワクチンの接種を迅速にする対策に取り組む、一般の人は「7月に接種ピーク」となると報道された。

イスラエルのコロナワクチン接種は、国民の4人に1が接種を終えた。昨日も1万人の感染者が出ているが、感染拡大は落ち着いて来たと分析する。陽性率は「10.2」だと言う。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:03 】

2021
01/19

昨日も頑張った一日だった


さんさん商店街にお菓子を買いに
「カステラ」「チョコ饅頭」を各10個
コロナでお茶を自宅に焼香の方に
お返しとお茶と共に渡している
(ユーシンドーにて)

昨日は週始めの月曜日、まだまだ父の逝去の処理に、役場・銀行・気仙沼・位牌・お返し等、その用事に多忙の一日となった。仕事はと言うと時間の合い間に焦っての作業は、注意力の低下により、ふとした事でトラブル、何も無ければ30分で終わる事も3倍もかかり、そのトラブルの解消をする。
会社の代表だった父、代わりを誰にするかで奔走している。通帳の名義の変更もしないといけず、銀行に相談に行き、税金も国民健康保険税が増額となっていた。「住民票」「除票」「印鑑証明」など代表変更の書類を準備、ついでに税金の事を聴きに行く。大きくこれまでと変わるのは「介護保険料」と言う。私も前期高齢者となり、私の収入から割り出すと、最高のランクで「約12万円」を超えると言う。今年の5月に65歳となり、税金の増額と父の年金の税金対策もできなくなり、税金に追われる一年、次の年も今年の収入が反映される。

DSC_0370.jpg
昨日は気仙沼に焼香のお返しを届けに
三陸道は生活と時間の利便性をもたらす
我が社から気仙沼病院まで22分と近く
昔なら45分近くはかかった気がする
(気仙沼バイパス出口 車の停車にバシォリ)

父の死で一変する生活は、金銭的にも苦しい事となる。大きな支払いとして残った「住宅ローン」を昨年の暮れに繰り上げ返済し、安心した矢先の父の想定にない急逝だった。

DSC_0375.jpg

となりの気仙沼市では今日も「5人」の感染者がでた。昨日も5人と報道があり、これ以上の感染がないことを祈りたい。ここにきての感染者数が気にかかる。
まだ南三陸町は出てはいないが、出たらどうなるかと思うと、観光の町となった南三陸町、その被害は私にとっても大きいこととは理解ができる。
水産物が獲れても「売れない」、関わる水産の従業員の仕事はなくなりかねない。しかし、遠かれ近いかれ発症はもはや、そこまできている気がする。



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:19 】

2021
01/18

婚活ブログから


昨夜の食事は手抜きでした
行きつけの「なっちゃん」から
「ネギまの塩」「手羽のたれ」の2種に
エビスビール 満足

DSC_0357.jpg
結婚やお付き合いの形は様々です。今日の「新婚さんいらっしゃい」も、大家さんと下宿人だと言う。23歳差の二人は、趣味は登山だと言う。彼女が彼の町に来て、アパートを探していた。彼は公務員で退職し、施設の管理人を10年前にしていて、彼女が36歳の時に出逢った。部屋探しているなら、私のアパートへ入らないがキッカケだった。
彼は妻と両親と妻の両親の5人を送り出した「喪主」を5回している。そんな彼なので結婚しても70歳となった彼はもう「終活」をしていると言う。彼女の両親は彼と同じくらいの年で、知りあって10年経ち、彼女も45歳となり、二人は彼女の両親に「結婚の報告」に行けないでいた。両親の所へ行くと、40歳を過ぎた彼女を両親は「煮るなど焼くなどしてくれ」と70歳近くの彼に言った。

2人は結婚する前に、寒い日は布団をアパートで並べ寝ていた。彼は何もいないでいた。となりの彼の布団に足を入れ「湯たんぽ」変わりと思い生活していた。そんな2年の何も無い生活だったと言う。彼女44歳、彼が67歳の時の事だった。

彼女・彼が居ない男女は多く、出逢えるキッカケが無い。どんな形でもイイから「キッカケ」を作ろうとするが、女性は「一人でイイ」との考えの人が多い。しかし、結婚したいという彼女もいる。今年こそは「成婚」に持って行きたい。


DSC_0367.jpg
菅内閣の支持率が「日テレ」であり、49%が支持しないで39%が指示するだった。大学の試験では4人が不正で退席させられ、その一人は鼻にマスクをしなく注意6回受け7回目に退席処分とした。
政府のコロナの支援で「コロナバブル」が発生していると言う。1日当たり4万円から「6万円」の支援制度で、月30日として「180万円支給」は、家賃の掛からない個人事業所では、一日に2万の利益も30万の利益も一律は6万円おかしい。救済は大切で、コロナ感染の対策は必要ながら、行き当たりばったりの政策に見える。あとは収入増で「税収で回収」というが、制度の設計に疑問があり、ここまで官僚と政治家の政策判断は、またしても後手後手と思う。コロナ対策には国民の7割が否定している。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:01 】

2021
01/17

忘れない


阪神淡路大震災は26年を迎えた
発生時が「午前5時46分」
東日本大震災は今年3月11日に10年を迎える
発生時は「午後2時46分」
その30分後に大津波は南三陸町を呑込んだ
800名余りの町民が犠牲となった 忘れません私は

午前5時46分の兵庫の「忘れない1.17」を見る。「ハルカの向日葵」の活動が出ていた。一昨年前から私も先輩から頂いた向日葵の種を撒き、被災した家の一角に受け継がれた種か大きな向日葵を咲かせた。私も被災し被害の少なかった地区で再建を模索していた時の頃に種をいただき、あれから6年目の種だった。3.11は10年目、1.17は26年となり、私は神戸の人達のように「大震災」を継承・語り継ぐ事ができるだろうか。子供達の歌声は、悲しい出来事ながら、「忘れないで」とのメッセージに聞こえる。

DSC_0341.jpg
親から子へ、子から又つぎの世代へ繋ぐ事の必要性を強く感じた。

2回目の「緊急事態宣言」から人の動きは変わっていないとの感じがする。全国で「7014人」の発症、また56人が亡くなり、感染は拡大の一途と数字から思う。宮城も「44人」と決して少なくない。累積する「重症者965人」と31人が1日で増加した。病院は逼迫から医療崩壊との危機に至り、やっと政府は病院の整備に乗り出した。関東の病院の院内感染は、看護師・入院者など「310人」の感染で、「31人」が既に死亡している。この現実にもっと国民は厳しく受け止め、日本の経済よりも、これを維持するための国民の命を守る事を優先にしなくてはと思う。高齢の80代90代と、日本の経済成長を成し遂げてくれた人達の死を、真剣に国民は考えないと、末は我が身となる。

DSC_0346.jpg

昨日は同級生が電話をくれ、「親父亡くなった」と言う報告だった。「俺の親父も今月死んだよ」と話す。生活の現状に追われ、互いに周りに目が届いていなかった。彼は大震災から母を送り、弟を送り、今度は咋年1月に父を送り出した。「ご苦労さん」の言葉しか無かった。





【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:18 】

2021
01/16

パソコントラブル

DSC_0326 (2)
素晴らしい南三陸町の青空
こんな絶景はめったに見られない
(東浜団地)

昨日の朝も「交通事故」があり、数台が現場に止まっていたと言う。従業員には耳にタコができるくらい「気を付けて」と帰りには話す。

ポツノポツリと焼香客が来てくれる。「一人で介護を良くやりましたネ!」と言われる。私としてはそんなに労苦と思っていない、逝去前まで「トイレは自分で」「下の世話」なども掛けない状況、父は一人で「頑張り生き抜いた」という感が強い。病院の付き添いも車イスで診察前まで連れて行くと、自分で周囲の人達と「耳が遠い」のに話せる父は、本当に強い親父だった。

DSC_1646.jpg
昨夜は寒いので「いものお湯割り」で
冷蔵庫に入っているものを「つまみ」にして
二杯 お酒は美味くなかった
扁桃腺が弱いので「お湯割り」に冬はしています
「-8度」「-6度」と寒い朝が続いている南三陸町です

DSC_0325 (2)
昨日は宮城県でも「87名」の陽性者となり、知らずうちに「20名」に死亡が近づいてきた。コロナによる自殺者が全国で増加し、生活困窮のニートや学生が増えている。テレビで見るしか解らない減現象が映しだされている。「ワクチン」の日本の接種は厚生省の審査が厳しく、その先が見えて来ない。経済の再生には「無症状の若者」の割り出しが近道と感じる。

昨日は議会で「誹謗中傷への対策」が議論され、議会は行政よりも早く「条例制定」への採択を議会議員で採択した。また、議員の家族の発症は、議会に報告や、10都府県への移動にも、議会への報告をする事にした。こうした議会の行動と決定が、町民のコロナ感染の啓蒙になり、意識の高まりを生む事に繋がると私は感じる。



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:46 】

2021
01/15


広島の「愛の福袋活動」の友達から
絵ハガキのお悔やみのたより
大変嬉しく 遠くの友に感謝

代表も電話で「お悔やみ言葉」をくれた。被災地の支援の輪が、こんな形でも「繋がっている」と感じる。
父が支援していた仙台の「キリスト団体」は、被災地南三陸町へのこころの支援を続けていた。一昨日年始あいさつに来られて、父の訃報に絶句していた。その後で花屋さんから素晴らしい献花が届いた。誰も震災後の状況で、活動の拠点として自分の部屋を提供し、多くの皆さんに幸せをと願い祈った。

父の逝去後にまた別な形の自分には無い偉大さを知る。




【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:10 】

2021
01/14

特措法の拡大


父の意を継ぎ仙台のキリスト団体の
南三陸町の拠点の場所を
今後も続ける事を決めました
突然の来訪で父の死に絶句し
綺麗な白い花束を供えてくれました

コロナの悲しみの連鎖を重く受け止め家族を守ろう。
3週間で10万人の感染、その前は「2か月」、その前は「9か月」と、拡大は急加速しています。昨日は97人の死者で重症者も900人越えとなり、重症者の増加による死亡者が顕著に表れています。

DSC_0317.jpg
3.11の大震災で医療支援をしてくれた「イスラエル国」、今日の朝のニュースで世界でもいち早く「ワクチン接種」を始め、先月からの接種は全国民の2割を済ませ、15日間でコロナ予防に大きな結果がでたと言う。接種後には「顔面麻痺」や「痙攣」が出ている物の、ワクチンの効果は実証されている。日本でもワクチンの接種もあるが、「PCR検査」で軽微は陽性者、偽陽性者を見つけ、しっかりと隔離する事でコロナの終息への一歩と、本庶教授などのノーベル賞の受賞の4人は話す。

特別措置法の緊急事態宣言は、近畿・東海の府県と、福岡・栃木を含め7県を、営業時短や協力金の対象とした。これまでの「4万円」から6万円へと支援を拡充した。政府のこの対策にも4人の受賞者は、助成や補助よりも今は、病院施設への支援と、隔離の場所の棲み分けが大切と提言する。政府の対策には感染症に対する意識が脆弱と強く話す。





【 未分類 | CO:0 | TB:× | 12:04 】

2021
01/14

特措法の拡大


父の意を継ぎ仙台のキリスト団体の
南三陸町の拠点の場所を
今後も続ける事を決めました
突然の来訪で父の死に絶句し
綺麗な白い花束を供えてくれました

コロナの悲しみの連鎖を重く受け止め家族を守ろう。
3週間で10万人の感染、その前は「2か月」、その前は「9か月」と、拡大は急加速しています。昨日は97人の死者で重症者も900人越えとなり、重症者の増加による死亡者が顕著に表れています。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:09 】

2021
01/13

必ずやる!

<CIMG3115.jpg

昨日は南三陸「道の駅」の安全祈願祭が開催された。隈研吾氏が設計の説明をした。町長は今回も式典では大雪で、これまでの商店街の式典も、大雪・大雨・強風と話す。「雨降って地固まる」と言う考えなのだろう。そう言えば「祈念公園中橋開通式」も雨だった。しかし汐見橋の渡り始めは天気だった。

東京オリンピックは多くの選手の為にもやらせてあげたいが、日本全国の4日前の拡大数を見ると、開催するための「ワクチン接種」「東京の感染が500人以下」となり、全国の感染者数も「最大7500」から昨日の「4500人」と少なくなったが、これは緊急事態宣言での効果と言うと、まだ効果がここまで出るとは思わない。今後の推移に注目している。

オリンピックで4回金メダルを獲った選手は、2024年の開会にすべきで次の大会も4年ずつ伸ばすべきと言う。ワクチンを打って直ぐに大会開催に対して、やめるべきと提言する。昨日はビルゲイツと電話会談で、「開催は世界のコロナからの脱却になる」と話し、菅総理も「必ずやる」と答えたと言う。この発言も与党の支持にどう繋がるのか疑問だ。

DSC_0305.jpg

昨日は朝の「雪かき」後も雪が降った
隣りも前の道路の雪も片付け
我が社も午前中も積もり従業員が雪片付け
お昼すぎになり町の除雪車が来た

北陸の雪は既に10人以上が亡くなっている。早く収まって欲しいが、本格的な冬はこれからで、日本の物流の陸送の崩壊にならなければ良いのだが。政府には総てに「適切判断」をお願いしたい。






【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:05 】

2021
01/12

成人おめでとう


親戚・従弟・友達がおかずを持って来た
サラダ・大根キムチ・若布の和え物
体力付けろと「焼肉」を
南三陸町の寒さの中で風邪はひけない
飲み物は「いも焼酎」で満足の爆睡

人の温かさは理解しているが、将来を見据え「人に甘える事」を回避している。今年から自分の「最終章」に入っている。ここまで思いのままに生きた人生、家業に身を尽くし50代までは我武者羅に会社の為と働いた。決して苦しくは無かった。この時から自分スタイルの会社とする。若い女性の働く所が町に無いと、ピークで5人の女性を雇用した。大震災でも津波で従業員の人命を守った。総てを失ってもみんなに「5万円」を払った。この時に私が出来る最大限の支給だった。障害を持つ子への支援も、アルバイとして雇った。結婚していない人・高齢者・生活弱者も助けたいと考え行動・活動してきた。これからもこうした支援はしていきたい。

DSC_0302.jpg
東京の「緊急事態宣言」の発出から、初めての月曜日でも「1219人」はこれまでで最高の陽性者と言う。20代が356人と多く、経路不明も益々増加している。20代男性が年末の「飲み会」を10人で開催、その内で5人がコロナ感染となった。と言う。若者達の行動力を止める事は、政治でも難しいのか。
南三陸町も昨日「成人式」を実施した。全国の一部の成人者の中に、コロナ感染拡大の今、あり得ない行動に「絶句」した。大騒ぎ・酒のみ・マスク無など、「大人の仲間入り」の儀式に、これが日本の侍かと目を疑った。
そんな中には看護師を目指す女性が、実習で満足な学習が出来なかったが、コロナの患者を一人でも救いたいと言う。こうした成人の熱い心に、日本はまだまだ大丈夫と感じる。
近畿3県の宣言の追加宣言、愛知と岐阜県の発出も知事は政府に要請する。昨年暮れからの「行動自粛」「関東圏域の危機意識」からか、少しはコロナが終息くしたかと思ったが、検査機関の休みに伴う減少とも言われている。今後は3月頃から「無料PCR検査」を政府は実施するとの報道もある。



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:45 】

2021
01/11

弔問との昔はなし


親父「いちご好きだったなー」
昨日はイチゴの1バックを二人で分けて食べた
つい2週間前の事だった


昨年の12月の仙台の叔母亡くなった、そんな従弟と叔父が弔問に来てくれた。叔父も「認知1」と言う。息子夫婦が寄り添い生きている。
震災後に何度も親子で見舞いにきて、色々な料理を食べさせたいと持って来て、我が家の3人と仙台の3人で、叔母の手料理と笑顔で一時の幸せを、何も無くなった倉庫暮らしで感じる。8年前の事だった。
あれから7年が経ち、工場も整備し自宅も新築した。その時の母も、優しいトモちゃん、そして父親が欠けた。確かに寂しいが多くの想い出に触れる。家まで来てくれた皆さんとの、町の現状を聴ける事は、私の情報の「こやし」となっている。

DSC_0287.jpg
東北のコロナ感染状況は、宮城が断然多く、昨日は福島県が過去最高の「46人」となったが、宮城は63人と高い数で推移している。一昨日は「72人」と何処まで拡大するのか先が見えない。
DSC_0284.jpg
●一昨日は7県で過去最高となった。神奈川には叔母夫婦と子供達、義理の叔父と従弟もいて、「999人」の拡大に不安がある。どこで感染するが判らない現状に、高齢の叔父・叔母が心配だ。黒岩知事の発言は厳しさを伝え、対策を講じているが、病院の病床拡大と入院環境の整備に、今後の対策の必要性を訴えている。



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:06 】

2021
01/10

私は孤独が好きかも


シーズン初めての「カキフライ」
親戚には何件かお歳暮で送っている
南三陸産の牡蠣はむき身が安い
しかし、カキフライは手間がかかり
洗い物も多いが 料理の後には至福の一杯を楽しむ

●日本海側の「豪雪」は多くの被害を生み、多くの人命を奪っている。コロナ感染での災害もあり、地球全体が気候異変により、さらに雪による「激甚災害」の指定も視野に入ってきた。コロナだけでない対策を考え、政府の財政出動がどこまで可能かも心配だ。

DSC_0268.jpg
昨日は父の「初七日」で、義理の叔父が法要をしてくれた。私は一人でその姿を見守った。「正壽院錬行賢徳居士」、俗名(千葉賢二郎)。







【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:45 】

2021
01/09

自宅までの弔問に感謝


父と共に生きた64年7か月
2020年12月30日まで体重測定の
経過が残っている
私の肩に捕まり体重計に乗っていた

まだ50歳代と若い町の水産業を考え頑張っていた漁師が亡くなった。町の復興に対し「もっと地元の活性を!」と言っていた。志半ばで、まだまだ町の力になれた若者だった。


DSC_0248.jpg

まだ50歳代と若い町の水産業を考え頑張っていた漁師が亡くなった。町の復興に対し「もっと地元の活性を!」と言っていた。志半ばで、まだまだ町の力になれた若者だった町の中で何かが起こっている! 「検死」が現在多いと聞く。こんな事が今まであったかと言う記憶にない。「独居」「核家族化」など社会の形態が変わった事も大きい。今年は極寒で毎日のように厳しい生活となっている。体調の異変を起こさないように、環境に気を使って欲しい。「ヒートショック」もあるが、体内の異変に「大丈夫」と言う過信が死へと繋がり兼ねない。後は精神的な物が多くあり、普段からの会話や、態度にきめ細かい注意が必要だ。「どうなの」「大丈夫」と声を掛ける事でも違う。
コロナ禍の中での「心のケア」の対し方に、他人事と思われる町の体制がある。「高校の魅力化」「中高一貫」「行きたくなる学校に」など、机上の論理がまかり通る、今の時代の様相に思う。



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:25 】

2021
01/08

新たな生活へ


年明けの3日から生活が一変した。
一人の生活は何の問題も無いと思っていた。ふと昔を思い出すと、「寂しさ」に気が付く。昨日もお客さんと昔話に華が咲き、時間を忘れ語り合った。個々の生活での震災後そしてコロナ禍の中で、必死に生活を守っていた。

昨日の血糖値に驚く、「327」で最近になく高い。パソコンを打ちこみながら「葬式饅頭」を食べた。ここまで一揆に上昇した。いつもの朝食前の数字で、食後の糖尿薬とインカリンを投与し、朝食は抜きコーヒーだけとした。お昼に再測定し「100」となったが、血糖値の上下の動きは身体に悪いと聴いている。失明の危機を思い出せと自問自答する。

DSC_0257.jpg
このコロナ拡大はアメリカのニューヨークと似ている。当時の日本は発症者が首都圏を除けば地方は一桁に近かった。今の全国の表を見ると驚くべき拡大を見る。政府の国民への縛りと比べ、最終的に対策の決定の「政府」はと言うと、自分達には甘いようだ。菅内閣の支持率は「指示しない」が上昇をする。
宮城県を見れば「75人」と過去最高となり、仙台市に陽性者が多い、県の陽性率を見れば全国でも高い。宮城の人口集中の仙台は「100万都市」、学生や国分町の繁華街もあり、人の動きは県の地方よりは多い。県民一人ひとりがコロナ対策を取り、人の出入りが多い飲食店・商店は、最大限の対策を講じているようだ。

昨日の朝は体が熱っぽい、消毒とマスクをし、迅速に用事をする事を心がける。公共施設には町外のスーパーのように、出入り口に温度計がある。計測すると「異常あり」と出た。熱で検査に引っ掛かる事も今までないのに、計測器の判定に「まさか!」が頭をよぎった。別な体温計測器で測ると「異常なし」、もう一度別な機械で計測しても大丈夫だった。関係者に聞くと「計測器が故障」と言う。私を、来場者に不安を与えないでと、「早く修理した方がいいね」と助言する。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:53 】

2021
01/07

新たな歩みへ


南三陸町志津川のここは何処
山の上の高校と中学校
八幡町「せせらぎ公園」は何処

隣に地区の会館があり、「焼肉奈美」さんの葬儀はここだったなー。

IMG_20210101_184540.jpg
米谷と志津川の融合の「茶碗蒸し」は母の味だった。家族9人が本浜の私の生家、狭いけどにぎやかで楽しかったなー。あの日には戻れない。
家長の父ともう一度、あの甘い「茶碗蒸し」食べたかったなー。

DSC_0244.jpg
医師会の会長は「国会議員が「範」を示すべき」「国民のコロナ対応の「ゆるみ解消となる」と話す。
全国で一日「6000人超え」となり、コロナ感染は拡大が加速している。全国の都道府県の感染者最高が「19」となった。お正月の国民の移動と、帰省の家族・仲間たちとの会食がその原因と分析している。
更なる4都県営業の規制が今日にも発出される。全国の自治体の感染対策もなお厳しくしないと、多くの国民が死へと向かう気がする。

令和5年はいったいどうなるのだろうか?


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:01 】

2021
01/06

1月6日は忘れられない日に


今日は「なみだ雪」
人生は波乱万丈でも楽しい
「温故知新」は父の大好きな言葉だった

昨夜は正月・コロナ禍の中で多くの方が焼香に来てくれた。涙はなく笑い、笑顔の中で父に線香を手向けてくれた。
「98歳2か月」の天寿を全うした父、今回は母と違い、葬儀までの告知は自分の発信しているネットで行ったにもかかわらず、その口コミと拡散で、皆が集まってくれた。

DSC_0231.jpg
今回は弔問客の対応に専念する。父は20代初めに中国の戦地から帰り、父親の仕事を継いだ。剣道への取り組みで県の本吉を代表するまでとなり、八幡神社の奉納試合、県内の大会にも本吉代表として参加した。津川剣道協会の会長も数年続けた。
仕事の関係で「宮城印刷工業組合」の理事として、気仙沼・本吉の代表として、県の印刷組合にも貢献し、震災から5年後に顕彰賞を受賞した。現在は私が理事から支部長の立場となり、父の背中を追った。
元教育長の田生氏とともに、志津川で「日本国清流詩吟会」を立ち上げた。現在も名ばかりの顧問として、南三陸町に詩吟ありと、今は会員も減ったが、その隆盛を私は忘れない。
DSC_0228.jpg
その後に「志津川川柳会」を立ち上げ、仙台などの大会にも参加し、川柳仲間が今もいる。仙台・福岡など、地域外にも多くの友達を作った。「漢字」が好きで、物を書くことに貪欲だった。
70代まで会社に君臨し、今も代表取締役の職にあるが、私のためについている。1年前まで「今の政治は」「町の長は」など、政治への昔と違う、リーダーへの在り方を語っていた。そんな昔の先人が私からまた消える。

頑張った父、ご苦労さんと言葉では言えなかったが、ネットの中では「尊敬」「感謝」を書き込むことができた。本人に直接「ありがとう」は言っていない気がするが、きっと父には伝わっていただろう。

DSC_0233.jpg
遂に「緊急事態宣言」が7日には発出される。関東4都県ながら、国民のコロナ対策の意識が増す事を願う。
昨日はコロナ感染下の正月の飲食で、過去二番目の東京の「1278人」となり、全国で「4942人」で死者は過去最高の「76人」となっていた。「日テレニュース」の感染者の日本地図の赤は県最高を記録したところです。全国に感染が拡大している中で、尾身会長は「他人ごとじゃなく、みんなが自分の事として考える」「国会議員も汗もかき、だから一般の人も」「発出は1か月ではおさまらない」など、会長は政治の対策に、強く提言を今回はしたようだ。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:43 】

2021
01/05

御断り これは私の日記です


葬儀は厳粛で静かな「人間の道」の通過の儀式と私は思います。
家族が、親戚そして知人・友人が故人を忍び、語り合い故人を想い出し語る物と考えます。死に方は色々ありますが、最善を尽くしここに至る物とも思います、これは自分の行ざまと、人との絡みで形は違う。
私は今回の父の葬儀は、周囲に非情な態度で接しているとをお許し頂きたい。父の遺言の一つに「質素に!」と言われ、自分の付き合いの幅を葬儀で広げる事は無いと考える。最低限の連絡と告知をする。後は「SNS」で伝える事とした。

DSC_0218.jpg
私の叔母の一人は、尊敬する住職の妻として寺・檀家の為に生きて来た。徳性寺の辻和尚が「入棺」の時に、御棺に旅立ちの言葉を書き記して下さった。こうした事は他ではないだろう。千葉家だけの葬儀の形にしてくれている。お経を読んで頂き、説法をしてくれた。「御蔭様」「ご縁」「おもいにし」の意味は、仏教の言葉にあると説明してくれた。一番下の叔母が嫁いだ先にも、我が家への恩恵があった。感謝そしてありがとうです。

DSC_0205.jpg
3日の朝の逝去から、常々の日々の「ルーティーン」をこなした。3つのSNSを書き、7時のNHKニュースを見て、朝刊に目を通し、7時半には「父への食事の準備」、そして自分の糖尿の薬、食事、インシュリンの注射を打つ。この日の朝も「ゴミ投げ」を集積所まで持って行く。この日々のルヘティヘンの一つが無くなった。
今日の血糖は「260」で、葬儀場から帰り夜に部屋中を温めても少し寒い、風呂場で「頭がくらり」、はっと我が身に戻った。こんな事が無いよう後2日間、貫く我が使命を全うする。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:55 】

2021
01/04

巨星落つ

DSC_0194.jpg
寒い夜だった、時間は午前1時バリバリと凍った雪の道路を救急車が来た。長い時間と感じる。令和3年3日目の午前0時過ぎに、「119へ」、これまでも母の時も、遂にまたこんな事態を迎えた。

救急隊の救命士の「優しいいたわりの言葉」に耳を傾ける。帰るときは「何かあったら躊躇わず電話を入れてくださいだ。「こんな行動と教訓は得ているはずなのに」、そんな判断には至らなかった。自分の考えの甘さと、正月・夜中という時間が、私の判断を鈍らせた。

警備員さん、看護師さんの献身的な患者を労わる行動にも、頭が下がった。コロナ感染拡大の中で、対策を講じての病院は、最大限の気配りの中で、最大限の対策を講じていた。



シャイな私たち親子は自分なりに生きる
そんな親子関係で「ギュー!」と抱きしめた
ベッドの父を寝かせる為でも

母の結婚前の仕事は「看護婦」、今から70年も前の事だった。そんな母の優しさと父の狂人に生き抜く力の結晶が私なのだと感じる。今後もこれに恥じない、余生を邁進する。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:49 】

2021
01/03

コロナ死「3587人」


東京・神奈川・埼玉・千葉の4都県で
緊急事態宣言の発出の要請へ
お正月もなく「33人」の人が亡くなった

DSC_0197.jpg
父も菩提寺の門をくぐった
98歳3か月は天寿の全うだろう
ごくろうさんでした

2021年1月3日午前2時20分で父は天翔した。
食がなく、食べることのない時間が1週間も経ち、ご飯を食べないことで体内のブドウ糖が作りだされず、人間の臓器を動かすことができなく、体内の温度は下がり、「低血糖」「低体温」が発生し、自分が体の機能が停止した。
あっという間のこの一週間、いつものようにまた元気になると信じていた。夜間の医師の方に、このままでまだ心臓が動いている事が不思議と言う。

私がこの世で一番尊敬し、大好きな父が死んだ。





【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:27 】

2021
01/02

新しい生活へ


2021年の元旦発表の感染は過去最高の「4500超え」となった。東京は1334人」がここまで引き上げた。帰省を計画していた人たちの一部は取りやめ、故郷へ行く人たちの「PCR検査」を多くした。「両親に感染させられない」と言う思いからで、こうした人たちが陽性者の発見に至った。死者が昨日は「49人」で重傷者が「716人」となり、医療機関の崩壊が加速する。年末年始の医療関係者の冬休みの中で、「救える命も救えない」、こんな事態になっている。

●国民の多くが「PCR検査」をすれば、感染者数は爆発的に増加する。以前からいっているように、陽性者の拡大は医療体制の崩壊を招くからに他ならない。それを政府の政策としてかいまみれる。
こうした「コロナ対策・対応」で、コロナの終息には向かっているが、いつまでかかるか先は見えない。「東京オリンピック」をもう一年延ばすなんて、こんな声も聞こえてきている。



DSC_0168.jpg

今年の千葉家は「新しい生活」となる
そんな予感がする

まさかこれが「ノストラダムスの人類滅亡」なのか?

確実に世界で多くの人たちが亡くなり、戦時下のスペイン風邪を、もうすでに超えている。世界で「8千万人」を超え、イギリスのコロナ変異種の拡大で、一日に「5万人」の感染者の拡大は、イギリスの再度の「ロックダウン」を発出した。日本は経済と感染対策の両立は可能かと言うと、私は厳しいと思っている。これが最悪のシナリオとならない事を祈るだけだ。
●私はコロナ対応と、千葉家の終演への準備に、「新しい生活」をスタートさせようと2021年を開始した。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:55 】

2021
01/01

2021年元旦


2021年 今年もよろしく!

今年は羽鳥のモーニングショーの日の出に合掌しました
父が寝たきりに近くなり、この生活を楽しもうと思います。

今年は極寒と雪道でサンオーレに行くのをやめにしました。

DSC_0160.jpg
令和3年1月1日 仏壇に収まった母と、ベッドで眠る父と、千葉家のいつものお正月をする。
「ホタテのお吸い物」と「カキ酢」、貰い物のクルミのペーストとクルミの入った餅で、
自分で作り自分で食べる正月です。父には漢方の水分を体外出す薬と、フルーツゼリーを二口、私が初めてスプーンで食べさせました。初めての経験です。あとは熱いお茶、最近は二人でお茶を飲んでいる。父はリビングのテーブルで、眠りなから居る。そして、また「ねせでけろ!」と言う。

DSC_0156.jpg
2021.1.1から父の愛した「朝日新聞」に変えました。
報道は真実を伝えるものであってほしい、との願いから新年から目線を変える。厳しい世相の中で、自分なりに信念を持ち、人に恥じることのない人生を邁進する。

最近ハマっているのはフェイスブックの「鬼滅の刃」の動画の歌の「歌詞」に感動する。こんな言葉が生まれ、作っている方々の、感性に癒されている自分がいる。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 11:32 】


TOP