FC2ブログ

ARCHIVE - 2020年08月

2020
08/02

初心に返るとまた別な風景が見える


不注意による一時停止違反の事故が多い
横断歩道に人が立ってても停止しない車は
8割にも上る 
そんなにあくせくして日本人は行動する
花壇の植木が整備され国道の見通しが良くなった

商工団地からもう一つの国道に抜ける道がある。細い道路から、高速を下りて800mの所にこのT字路がある。国道に入る前に一次停止の標識があり、5m徐行で右から来る車を確認し、国道に入る。高速走行した運転手は遂スピードが一般道に出ても出るようだ。
南三陸海岸インターを出て、100mも進むと信号交差点がある。下り坂で発信と同時にスピードが自然と上がる。写真の細道から国道に出るときは、こないだまでは右側走行の車が、夏草が伸びると見通しが悪く危険を感じていた。前に出て確認すると道路に車の前方がはみ出そう。今日の散歩では見通しの効かない花壇の一部が整地されていた。これで国道に安全に出られるようになった。

DSC_0298.jpg
散歩道、かよわい茎の二輪の小さな花が咲いていた。妙に気になり写メした。人間は一人では生きられないと言うが、私はその道を進もうと思う。人に迷惑を掛けないで生きたいが私の最大の願望だ。
懐かしい名前がテレビで報道された。「ブラックジャック」で手塚治の代表作で、一匹オオカミの外科医で難病を治療して行く。治せない病気もあった。その時に「ドクターキリコ」が出てくる。安楽死での人の希望を叶え大金を手にする医師だった。二人の生死の存続の戦いは、どうしようも無い病に向った時に、ブラックジャックの手術も全てが成功するものではなく、最善の手術で人の希望と死に対する恐怖を取り除いていく。しかし、治せない病にぶつかった時に医師が死を選択してはいけない。「尊厳死」を自分自身で処置するなら、非道とは感じていない。だが第三者や、まして医師がその行為をする事には大問題と思う。漫画が好きだった幼稚性を持ったままで、大人になった医師の悪行と世間は言う。
高齢化社会が進む日本の現状で、老老介護の悲惨な事件が起こっているのは、その原因の一つにこうした感情が、抑えられない異常な状況に人間はなる。人間は弱くそれを支えるのも弱い人間である。


スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:03 】


TOP