FC2ブログ

ARCHIVE - 2020年05月

2020
05/15

一人遊びの毎日


昨夜の晩のビールタイム
自宅畑で収穫したホウレン草で2品を作り
南三陸町の「こごみ」
土曜日に山で採ったワラビ・竹の子の
煮もの 4品が酒のツマミでした
朝の血糖値「150」

商工団地の土地は赤土と石ころがいっぱい、その土地をスコップで腰を痛くして開墾したのが、震災後で今から6年前の事だった。今思い起こせば震災前に「ギョウジャニンニク」を植えて、新事業を夢見ていた。
今は時間の在り過ぎる中で、知人の指導で始め自宅菜園、ホームセンターで野菜の苗木を買い、1.5M×2mの家庭菜園から始まった。現在は、トマト・パセリ・ブロッコリー・パプリカが、元気に成長を続けている。菜花とホウレン草は収穫し終わった。時間を有効に使えていて充実感に浸っている。仕事や自己の事など、色々ある中で土に親しむ生活は想定はしていなかった。
若い頃はパチンコにハマり、無駄な時間とお金を使った。今は苗・種を買えば野菜の日々の成長が楽しく嬉しい。ホウレン草は昨年の冬に種から育てた。

200514_150419.jpg
昨日の夕方に又、総理の記者会見が30分以上もメディアが放送した。私は予定どおり見ない事を実行した。「緊急時邸宣言」で外出自粛が全国で実施され、1か月半で感染者は確かに減少した。しかし、この経済の低迷からの脱却は厳しく、1年2年で元の状態にもどるには難しい。2波のコロナ感染は今後も発生する。いま政府で大丈夫? 
国の色々な国民や零細・中小企業や個人事業者への支援、個人の生活の確保に現金10万円を、全国民に給付する。「12兆円」を超える救済事業を皮切りに、事業の存続と従業員の維持のため、個人の店の休業にも、あらゆるメニューで支援・補助・助成を、国・自治体が支援金を出す。
しかし、全てに万遍なく支援されるかと言うと、これから外れる人達の生活の困窮がある。「生活保護家庭の増加」「自殺の増加」が予想され、これでも最後は子供達にしわ寄せがくる。
「アベノマスク」には総理の救済策としてはお粗末すぎる。現在は回収し「検品中」ながら、新たに8億の資金がかかると言う。466億円からさらにである。これが今の日本のトップに君臨し、それに代わる人材はいないようだ。国民が選んだ現与党、政府の政策に文句は言えないだろう。多くの独裁的強健な政治により、何人もの国民が自殺し苦しんでいる。こんな事は総理の眼中と、財務大臣には無いようだ。裕福な世襲の財産家が、中央や地方の政治に影響力を持つ。

まだまだ「三密」を守り、自分の事は自分で守るしかない、日本を感じる




スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:38 】


TOP