FC2ブログ

ARCHIVE - 2020年03月

2020
03/11

あのすばらしい風景は消えた(伊里前)

200311_154620.jpg
9年前の午後2時46分に、議場で3分間にもなる大地震が発生し、その30分後に南三陸町にも、高さ16mもの津波が襲来した。議場で一緒に平成24年度の予算審議で一緒だった、勝倉・阿部・熊谷の同僚であり同級生が殉職した。私は今も生かされている。仲間の為に、南三陸町の為に活動を続けている。(合掌)


南三陸町追悼式
静かに手を合わせ

このあとは町民の避難活動に貢献した
消防隊員だった兄貴の
霊前に手を合わせて来ます
あれから9年
想いも新たに生きていきます


17201056_1841124566135808_7562698369787933996_n[1]
南三陸町は志津川地区ばかりが
クローズアップされるが
震災直後の歌津地区の姿を
歌津大橋から伊里前市街地の惨状を
持っていた携帯で撮影した
津波の脅威に驚くばかりで
夢中でこの姿を残す為に撮影した

過去には戻れないと言っても、現在の「ハマーレ歌津」の場所にその面影はない。震災復興と言う、町づくり計画の中で、今思えば昔のままで歌津地区は残すべきと思わずにはいられない。町民の合意とは言え、本当に地区民の合意はと言うと疑問だ。

あの素晴らしい伊里前商店街、生業が国道45号沿いに、昔のままに残っていた。「平成の合併」の中で、二つの町が一つになったものの、相互の取り決めが保護にされ、「本庁舎の中間の高台への建設」「ゴミの焼却場建設」など、大震災からの被害を小さくするチャンスが「ここに!」あったのに、と思わずにはいられない。

200311_053536.jpg
マスク不足は「糖尿病」のインスリン注射にも影響が起こっている。突然の報道だった。器具の消毒、注射部の消毒など、「消毒の脱脂綿」は欠かせない。
私は「ステリコット」と言う商品を、買う時は2個買う事にしている。今回は一箱が残っているが、コロナの問題が何時まで続くか判らなく、今後に少しの不安を抱いている。毎日一回の注射で1か月は大丈夫だか、早く収束する事を願いたい。
写真は血糖値の「検査キッド」で、偶数日に計測する。今日は「196」と高く、主治医の先生に叱られそうだ。




スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:49 】


TOP