FC2ブログ

ARCHIVE - 2020年02月

2020
02/18

復興10年間 南三陸町志津川


昨日は「住民と議会の懇談会」があり、参加者は農林業関係者が6人に、議会全員の16人が参加し、新聞記者が1人と事務局2人の会となった。

住民からの「向かいの山の木・竹が倒れ、道路にかかっています」との苦情に、建設課に相談に行った。「山と法面の境界線で管理する責任が違う」と説明を受ける。住民の交通の障害や、屋根に葉が落下する等、生活環境の整備は行政の役目と思っている。

懇談会でJAに私が求めたのは、町で生産する物を町民が買えない、今後「道の駅」での農産直売所が出来た時は、「イチゴ」「菊」「野菜」「小松菜」などは販売し、地元の住民の買える環境はできないか。との問いに、今は販路としてコープ・イオンなどで販売している。大きな店に出す事で地元の農産品の販路拡大をしている。地元に町の販売所ができた時は、出品する事はできる。との嬉しい話をJA職員から聴く事ができた。


スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:24 】


TOP