FC2ブログ

ARCHIVE - 2020年02月

2020
02/17

仏事と会社イベントの週末


13日の夜に親戚が倒れ、その数時間後に逝去された。
私の祖母方ながら「血の繋がりは無い」と父は言う。戦後の苦しい生活の中で、生活の大変な時は、知人が寄り添い子供達を育てた。お金の人よりある方は、貧しい家の人達を救ってくれた、そんな時代に祖母は育った。出処は「戸倉折立」で、その本屋とは今も仕事で付き合いをしている。

14日の火葬、15お通夜、16日の葬儀・告別式・法事と、多忙の3日間だった。私は何もしない本家役ながら、話やすい叔父としてこれまで接していた。同じ「糖尿病」で話しは合った。昔ながらの「がんこな厳しい怖い父親」と娘3人は感じていたようだ。そんな「怖い親父」に育てられた子供達は、私の目にはしっかりしていて、3人とも結婚している。

残った母を三人の子度達と家族が今後は看て行くだろう。明るい母ながら、一人の部屋に帰った時の心情を思う。余りにも突然の死に、「気が張っているから」と、最後の帰りに話していた。
最後は人は皆一人ながら、現実は非情だ。

CIMG1712.jpg
牡鹿ビジッターセンターに
田中完一先生が創った
「志津川愛鳥クラブ」の教え子2人の
南三陸の野鳥観察の姿が
パネルで紹介されていた

CIMG1707.jpg
ネイチャーセンターの志津川湾の
阿部拓三研究員が
志津川湾の神秘を伝えていました
私も志津川の海を愛する一人です
是非南三陸町に御出で下さい
(鮎川ホエールランドにて)




スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:22 】


TOP