FC2ブログ

ARCHIVE - 2020年02月

2020
02/12

活動的な仲間たちと町外で子供生まれる


東京で旦那を見つけ、幸せに暮らす旧志津川町の剣道の教え子に、男の子と女の子が相次いで生まれた。一人は地元なから他人ごととは思えず嬉しい。両親の実家は今、登米市にある。
東京で頑張ったから今の生活があり、地元「南三陸町」での出会いは、大きな努力無しには結婚は難しいようだ。先月の広報にも結婚者は3組、相手は町外が33%で。南三陸町同志の結婚は少ない。
また、出生は4人で、昨年の出生は53人だけだった。

教え子には「4人は子供を生んで欲しい」と懇願する。しかし、「生活できない」と言い、これが日本の子育て環境の現状です。都会は「待機児童」「保育士問題」など、子育ての環境は厳しいと彼女は言う。「日本の為に頑張ってくれてありがとう!」とメールを返した。

200211_175919.jpg
新型コロナウィルスが「パンデミックス(拡大感染)」へと、感染者が4万人を越え、死者も1100人までとなり、今後も収束の方向へは進んでいない。
昨日は私の後輩が「色い恋人」を、北海道土産で持って来た。後輩は塩竈からフェリーに乗船し、一人優雅に客船の旅だったと言う。
そして私の同級生は、家族でシンガポールの旅を、こんなアジア圏のコロナウィルスの伝染の状況下での旅行だった。
3700人の豪華客船の14日の船内隔離は、乗客の不安と混乱は測り知れない。毎日のように簡易検査の中で、感染者が毎日のように出ている。病気の自分の内服薬の確保は政府の対応として、決して適切迅速ではない。

国会は今日も「桜の会」の質問が続く。総理の国政への政治の弛み・歪みがあり、嘘に嘘を重ねた政治姿勢に原因がある。それでも安倍政権の支持率は「48%」と高い。いったいこんな状況の中で何時まで支持が多いか不思議だ。指示政党無しが36%と、是非を取れない国民の判断に疑問ばかりを感じる。


スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:25 】


TOP