FC2ブログ

ARCHIVE - 2020年02月

2020
02/05

地域の眠っていた木材利用


「FSC」は国際認証木材で、南三陸町も取得し「南三陸産材」として、大きな知名度を得ている。隈研吾氏の南三陸町での商店街や、道の駅・橋など構造物の設計を手掛けた事が理由にある。国立競技場の「この部分」と指を差し、南三陸町の木材を利用しているとテレビで話す。

2020の「東京オリ・パラ」の選手村の建物は、全国の木材を使い、木材に県の刻印が押されている。これも隈氏の構想なのだろうか? 終了後には解体し地元での建設物に使われると言う。

200204_160443.jpg
昨日は登米市のFSC材の「KITAKAMI(きたかみ)」が紹介されていた。山に眠る針葉樹林を活用して、デザイナーと共に製品を造り、仙台の展示場を設置し、多くの人達にアピールして行くと言う。


200130_075504.jpg
一昨日前また同級生の父が亡くなった
昔から知っている
そしてお世話になった
同級生の両親で残ってのは
父と知る限り指折るくらいに
合掌。


スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:48 】


TOP